楽しくなければ会社じゃない ~ 仕事は苦痛なものですか?

売上を上げたかったら「楽しい会社」をつくるべきだ。

利益を上げたかったら「楽しい会社」にするべきだ。

ずっと長続きする会社をつくりたかったら「楽しい会社」にするしかない!

そんなことをずっと考えています。真剣に考えています。

でも、反論されます。

まずその代表は、「仕事というのは、そんな甘いもんじゃない」。

私が社会人になりたての頃、先輩社員にいわれました。

「社会人として給料をもらうって、どういうことか分かる?働いてお金をもらうって、どういうことか分かる?それはね、自分のやりたくないことでもやらなきゃいけないってことなんだ。嫌なことをやるからお金をもらえるんだよ」

純粋な私は、へぇ、なるほどと素直に受け入れました。正確にいえば、受け入れようとしました。社会人というのは、やっぱり厳しいものなんだな、働くって大変なんだなと思いました。

同時に、少し違和感もありました。どうもスッキリしないと思いました。でも、何がスッキリしないのかは、そのときは分かりませんでした。

今は分かります。

働くって、嫌なことばかりじゃない!

もちろん、大変なこと、つらいこともたくさんあります。やりたくないこともあります。こんなこといいたくないんだけど・・・と思うこともあります。それでも、そんなことばかりじゃありません。

何かをやり遂げたときの達成感。

お客様に喜んでもらえたときの充実感。

仲間と何かをやり遂げたときの連帯感。

仕事ならではの喜びもあるのではないでしょうか。

そもそも、お客様からお金をいただけるっていうのは、それだけの価値を提供したからです。価値を提供することは、必ずしも嫌なこと、つらいこととは限りません。自分が得意なことを生かしてお客様に価値を提供するなら、仕事は苦痛ではなく、喜びを与えてくれるものになります。

そして、積極的にそうなるようにしていくべきです。

仕事は決して苦痛ばかりのもの、苦役ではない!

もちろんつらい面があることを否定するわけではありません。私だって会社に行きたくないと思ったことは一度や二度、、、どころではなくたくさんあります。仕事で嫌だなと思ったこともあります。でも、そこで終わらせてはダメだと思うのです。

仕事とは、価値あるものを生み出し、人を幸せにするもの。やりがいがあって、楽しく、充実したもの。

そういう前提で働く人が集まっている職場なら、嫌なこと、大変なこと、つらいことも乗り越えやすくなります。むしろ、仕事は楽しくて、やりがいがあって、達成感があっていいよね!と思えるようになります。

どちらが人を幸せにする会社でしょう?

どちらがいいものをつくる会社でしょう?

どちらが存在価値のある会社でしょう?

いろいろな答えがあると思います。考え方は人それぞれだと思います。

私はどう考えるかというと、やっぱり「楽しい会社」を目指します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)