聞き上手は話し上手といわれますが、逆はどうでしょう?

昨日は、自分が話をしなくても、相手の話をしっかり聞いていれば、相手には話し上手だと思われるということを書きました。話し上手だと思われなくても、いい人、話しやすい人だと思われることは間違いないので、聞き上手になることは大切なことです。

で、少々気になったのが、聞き上手が話し上手になるのなら、その逆で、話し上手は聞き上手になるのか。。。ということ。

どうなんでしょう???

たぶん、結論的には「ならない」でしょう。

もちろん、「話し上手」かつ「聞き上手」という人はいます。でもそれは、話し上手だったから聞き上手になったわけではありません。たまたま両方ともうまかったというだけです。あるいは、一生懸命訓練したか。

でも、聞き上手な人は、自然に話をするのがうまくなるんです。スピーチとかではなく、会話の場合ですけど。

その訳を説明します。

聞き上手な人というのは、言い換えると相手に話をさせるのが上手だということです。相手の話を聞きながら、「へぇ」「すごい」「それはびっくりですね」など、相手の話に合わせて一言入れることで、相手がさらにのってきて話が弾むようになります。

きちんと話を聞いていると、少し分からない点が出てきたり、さらに興味がわいてきたりして、「その後どうなったんですか?」とか「それでどうしたんですか?」とか「それってあの○○ですか!?」とか、質問したりします。これで相手はさらに乗っていくわけですが、この質問はきちんと話を聞いていないと、トンチンカンな質問になってしらけさせてしまいます。

聞き上手な人は、ドンドン相手を乗せていき、相手がどんなことに興味や関心を持っているのか、どんな人なのかということを徐々につかんでいきます。

すると、こちらから何か話をするときにも、相手が興味のありそうな話題で話ができるのです。100%ではありませんが、確率は高くなるでしょう。相手の興味のある話であれば、相手も聞いて見ようという気になりますし、会話が弾むというわけです。

つまり、聞き上手になると、相手がどんな人間なのか、興味がどこにあるのかをつかむことができるので、相手にとって興味のあるテーマで話ができるということです。

それができれば、会話はそれなりに弾みます。話術が優れていなくても、テーマ選びがうまければ、それだけでも話し上手になれるのです。

なので、聞き上手が話し上手なのは、その通りだと思います。

でも、逆はそうならないことが多いようですね。

話し好きな人は、たいてい、人の話を聞いていません。多少は聞いていたとしても、自分の順番を待っているという感じで、本当に相手の話を聞いている訳ではなかったりします。なので、話し好きな人同士の会話は、お互い言いたいことを言っているだけで、かみ合わないことも多いようです。

話し好きな人は、注意しておいた方がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です