1.コンサルティングについての考え方

シンコムパートナーズのコンサルティングは、解決策を示すものではありません。どうしたら問題や課題が解決するのか、企業の皆さまと一緒に考え、解決策を導き出すサポートをするスタイルです。
具体的には、企業の皆さまが持つ、業界特有の知識や情報、技術をベースに、私たちの持つ「問題解決スキル」「組織改革の経験・知識」「経営戦略、マーケティング戦略の知識」を活用して、新しい価値を創造するという考え方です。

2.コンサルティングの進め方

打ち合わせ
現状の問題点、解決したい方向性などのご要望をお知らせ下さい
プランの合意・契約
プランをまとめ、期間や報酬などを明確にします
合意できた場合、契約を締結し、プロジェクト開始となります
プロジェクト・メンバーの選定・事前ヒアリング
プロジェクトを進めるメンバーを選んで頂きます
事前にメンバー候補にインタビューをし、メンバーの提案をさせて頂く場合もあります
プロジェクトの開始
プロジェクトを進めます
進捗状況に応じて、適宜打ち合わせをしながら進めます

 

3.シンコムパートナーズのコンサルティングのメリット

(1) 企業の強みを生かせる

企業の皆さま(プロジェクト・メンバー、以下メンバー)が持つ知識、技術をベースに進めていくので、これまで培ってきた企業の強みを生かした改革になります。新たな強みを創り出すのではなく、既存の強みを活用するので、スピーディに進められ、その分負担も軽くなります。

(2) 企業の特長が明確になり、他社と差別化できる

企業の強みをうまく生かすことで、自社の特長が明確になります。強みを伸ばし、特長を明確にすればするほど、他社との違いが明確になり、差別化することが可能です。

(3) 企業の状況に合った、現実的で効果的な改革ができる

問題解決の方向性や実行計画は、コンサルタントが一方的に提示するのではなく、メンバーと一緒に作り上げていきます。実際に実行するメンバーが計画づくりに参加するので、より会社の実態に合った、現実的な計画になります。結果として、効果的な改革が実現します。

(4) 社員のモチベーションが向上し、持続的・永続的な活動につなげやすい

改革案を経営陣だけで考えたり、外部のコンサルタントが考えたりすると、実際に実行するメンバーにとっては、改革が人ごとになりがちです。自分たちが参画し、一緒に考えた改革案なら、当事者意識を持ち、実行意欲も高くなるので、自然と長続きする活動になっていきます。

(5) 人材が成長し、組織力が高まる

改革プロジェクトは、メンバーとともに進めていきます。プロジェクトの経験は、メンバーにとってとても有益なものになるはずです。これまでの業務とは少し違い、刺激にもなります。プロジェクトの経験は人を成長させます。また、プロジェクトは個人で動くものではなく、組織的に動くものでもあるので、組織全体の力も高まります。

4.シンコムパートナーズのコンサルティングのデメリット

残念ながら、このスタイルにはデメリットもあります。あらかじめご確認の上、ご相談下さい。

(1) 「今すぐに解決できる」とは限らない

コンサルタントが知識やスキルを「教える」というスタイルではなく、メンバーと共に解決策を考えていきます。そのため、即効性という点では、やや難があります。「非常事態なので、今すぐに解決策が知りたい」というご要望には、お応えできるとは限りませんので、あらかじめご了承下さい。

(2) 既存の事業と無関係の新規事業開発には向かない

既存の強みを応用したり、さらに強みを伸ばすことによって、新しい価値を生み出そうというのが、シンコムパートナーズのスタイルです。そのため、既存の事業とは全く関係ない領域で新規事業を始めたいというご要望には、的確にお応えできるとは限りませんので、あらかじめご了承下さい。

(3) 問題解決に取り組むため、社員の負担が増える

プロジェクトとして進めていくので、メンバーに負担がかかります。通常業務との兼任で進めていく場合はもちろん、プロジェクト専任のメンバーにとっても、それなりの負担がかかることは間違いありません。
負担の大きい改革を成功させるためには、この改革を断固として進めていくというトップの決意が重要です。さらに、その思いをメンバーも共有し、取り組める状況が必要になります。

5.事例のご紹介

シンコムパートナーズが実施したコンサルティングの事例を紹介しています。参考になさって下さい。

「コンサルティング」をご希望の皆さまへ

「社員のモチベーションが低い」「なかなか目標を達成できない」「新しい戦略が徹底できない」「退職者が多い」など、お困りのことがございましたら、お気軽にご連絡下さい。
まずは、お話を聞かせて頂き、適切なプランニングをさせて頂きます。