何をやりたいのか

もう、かなり前のことです。その当時勤めていた会社の、職場の先輩たちと飲みに行きました。

最初は、当たり障りのない会話をしていましたが、だんだん酔いが回ってくるうちに、過激な発言も飛び出してくるようになりました。

「結局、お前は何がやりたいんだよ」

私が、いろいろと不満を言っていたことに対する、先輩のひと言です。

そういわれて考えてみましたが、正直いってよく分かりませんでした。

「さて、自分は一体何がやりたいんだろう?」

酔っぱらった頭では、答えが見つかりませんでした。もっとも、たとえ素面であったとしても、その当時の私には、答えが出せなかったと思います。

なぜなら、何をやりたいのかはっきりしないから、いろいろな不満があった、と思うからです。

今になって、過去のいろいろな場面を振り返ると、不平・不満というのは、自分が何をやりたいのか、はっきりしていないときに出ていたような気がします。おそらく、そのときもそうだったのでしょう。

もちろん、何をやりたいかが明確にあったとしても、すべてが自分の思い通りになるわけではありません。当然、すべてに満足しているわけではありません。

それでも、「何をやりたいか」が明確になっていると、自分の思いが、その障害になっていることにではなく、やりたいことの方に向かいます。

自分の思考が、「どうすれば実現できるのか」という前向きなものに、自然になっているのです。

ところが、自分のやりたいことが明確になっていないと、そうはなりません。

どうしても、障害の方に目がいってしまいます。

与えられている目標を、仕方なく実現させようとしているので、目標そのものよりも、それを邪魔するものに対して意識が集中してしまうようです。

エネルギーがマイナスの方向に向かってしまうのですね。

ですから、誰でも、自分のやりたいことが明確になっていて、それが仕事と合致していれば理想的です。

ところが、現実はそうはいかないのがこの世の中です。

一番の問題は、自分は一体何をやりたいのか、自分が分かっていないこと。

それが分かっているだけでも、幸せなことなのかも知れません。

ただ、これは何もせずに、自然に見えてくるものではないので、やはり努力が必要です。

それは、井戸掘りにたとえられるような気がします。

水が出るまで深く掘る。

水が出ないからといって、あっちこっち掘っていると、中途半端な穴ができるだけで、いつまでたっても水は出ない。

かといって、一カ所でひたすら掘っているだけでも、水が出るとは限らない。場合によっては、別の場所に移動してみる必要もある。

いずれにしても、努力が必要だということですね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)