現場潜入調査

このように書くと、何だかものすごいことをやっているようですが、単に、クライアントの社員さんと共に、一日業務に携わってみたということです。

私たちコンサルタントは、現場の業務ができる必要はありません。でも、どのようなものであるかを知っておくことは大切です。知るためにはやってみることが一番!ということで、社長にお願いして、丸一日職場体験をしてみました。

いつもは、スーツにネクタイという格好ですが、今日は、その会社のユニフォームをお借りして、上下共に決めてみました!(もっとも、決めたと思っているのは、本人だけでしょうが・・・)

そのかっこよく決めたところをお見せしたかったのですが、ユニフォームなどからどこの会社かばれてしまうといけないので、こんなにかっこいいのにお見せできません。残念!!(もっとも、もともと写真を撮っていませんが)

仕事の内容は、商品の配送とメンテナンス。朝、事務所を出発したら夕方まで、決められたルートで顧客のところを回ります。通常は、一人で回るのですが、今日は私が助手となって、2人で回ります。

基本的な仕事内容は、それほど難しくはありません。ただ、顧客によって対応するべきポイントが事細かにあって、それを覚えるまでは大変そうです。実際、私には何が何だか分かりませんでした・・・

でも、こうやって一度経験しておくと、この仕事で苦労するポイントはどこなのか、想像しやすくなります。社員さんがどこで困っているのか、ある程度類推できるようになるのです。改善点なども、見つけやすくなります。

また、共通の体験を少しでもすることによって、意志疎通もしやすくなります。1日中一緒にいると、移動中や休憩時にも話をすることができ、その人の仕事に対する考え、会社の様子、他の社員の人たちが何を考えているかなど、多くの情報を得ることができます。

ふとした会話から本音が見え隠れしますし、すべてが貴重な情報です。涼しい顔をして、本音を引き出すために質問してみたり、冗談で油断させて核心に迫る話をしてみたり、頭はフル回転!です。

実際に業務を体験したり、社員さん達と体験を共有することは、とても意味があることです。特に、私のような外部の人間が、あれこれ口を挟む場合には、現場の情報を把握することが大切です。人から聞いた情報ではなく、自分の目で見て、自分で体験する情報が、特に大切。今日の経験は、本当に貴重なのです。

具体的なことは、守秘義務があるので書けませんが、とても貴重な経験ができました。現場の仕事で汗を流すというのも、楽しいものです。久しぶりだったので、何ともいえない心地よさがありました。

もっとも、これを毎日の仕事としてやるのは、大変なこともたくさんあると思いますが・・・

とにかく、この貴重な経験を、今後の改善に役立てていかなければなりません。○○社長、期待していてください。

また、1日おつきあいいただいたYさん。お手伝いしているのか、足手まといになっていたのか分かりませんが、本当にありがとうございました。良い会社にしていきましょう!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)