困ること

仕事をしていて困ること。

何をしたいのかがはっきりしない人。

たとえば、「とにかく良い会社にしたい」としかいわない人。

良い会社といわれても、どんな会社を良い会社だと考えているのかが分からないと、お手伝いのしようがないんです。いろいろ聞き出そうと努力はしてみるんですが、そのような方は大体、話のポイントがつかめません。

いっていることが矛盾していたり、ただ思いつきでしゃべっているだけにしか思えません。

そうなると、やりようがないのです。

やり始めたとしても、途中で気が変わったりするので、社内も混乱します。手法はいくらでも変わっていいと思うのですが、方向性を変えるのは慎重にしなければなりません。でも、それすらコロコロ変わったりします。

困るんです。。。

あとは、本心を隠したり、ごまかす人。

隠したいことがあるのは分かるんです。いいたくないことがあるのも分かるんです。それに、それがまったく見えないのなら、別に気にならないからいいんです。知らぬが仏というやつです。

でも、言葉の端々から何となく読みとれたり、態度から伝わってきたり、ポロッとちょっとでかかったり、氷山の一角だけでも見えてしまうと、とても気になるんです。

私が気になるだけなら、別に問題はありません。でも、事実を隠していたり、本心を隠されてしまうと、結局、うまくいかなくなるのです。

何か隠していることが分かるので、私もどうしたらよいのか迷います。余計な詮索をします。あれこれ思いめぐらして、結局、当たり障りのない提案をします。そうすると、大きな問題にもなりませんが、大きなメリットもなく、効果のないものになってしまうのです。

仕事上、守秘義務については、しかと心得ています。自分で言うのもなんですが、相当、口は堅いと思います。

ですから、信頼して欲しいのです。

誰でも、長所があれば短所があります。会社でも、いい面もあれば悪い面もあります。悪いことがあっても、別に当たり前のことだと思います。私自身も同じです。ですから、悪いことを聞いても、特別なことだとは思いません。それも当然のこと、当たり前のこととして受け止めます。ことさら、何かをクローズアップすることもありません。

ですから、すべてをうち明けて欲しいのです。良い会社にするためには、本当の実態をつかまないと、効果的な策を打つことはできないからです。

もし、隠したり、ごまかしたりするぐらいなら、コンサルタントに何かを依頼するのはやめた方がいいと思います。お金の無駄遣いになりますから。

聞く側としては、いいたくないことをいっていることは、よく分かります。本当は言いたくないだろうということは、十分承知しています。ですから、そのような話を聞いたときには、こちらの身も引き締まります。さらに気合いも入ります。

隠しておきたいようなことを言ってくれるということは、信頼されている証だと思いますから。

でも、それが無理なら、やめる方がいいのかもしれません。

お互いに時間の無駄になりますから。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)