友人と同志

様々な友人がいます。自分にとって、かけがえのない存在でもあります。

一方、友人とはいえないかもしれませんが、自分にとって大切な存在という人もいます。プライベートの関係というよりも、ビジネス上の関係の人です。会社の同僚や部下など、同じ志を持って、共に歩んでいく人です。

たとえ、友人のように親しくはなくとも、自分にとっては、かけがえのない存在であり必要な存在。それが同志かなと思います。

私も友人は欲しいですし、相手からも良い友人だと思われたいと思います。でも最近、場合によっては、友人になってはいけないこともあるのかなと、思っています。

それは、仕事上の関係者です。

仕事でおつきあいしていく中でも、当然、親しくなってくることはあります。単なるビジネス上のおつきあいだけではなく、もう少し親しい関係になったりすることはあります。でも、だからといって、単なるお友達になってもいけないなと思うのです。

私は、コンサルタントです。

コンサルタントなら、仮に相手が経営者だとしたら、単なるお友達になるのではなく、その経営者が実現したいビジョンのために働く同志になるべきだと思うのです。

相手が一人の社員であれば、その社員が自分のビジョンを実現することを手伝う同志になるべきだと思うのです。

その上で、もっとプライベートなつながりができてしまうのなら、それはそれでもいい。

でも、それが逆になってはいけないと思うのです。

もちろん、知り合うきっかけがたまたま仕事であって、その後は友人としての関係になるということもあるでしょう。それは仕事としての関係がなければ、それでもいいと思います。

もし、仕事上の関係があるならば、まず同志であるべきで、単なる友人になってはいけないと思うのです。そうなってしまえば、なあなあになります。それでは、きちんとした価値を提供できなくなります。お互いに甘えが生じることにもなります。

別の味方をすれば、自分は相手から同志だと思ってもらわなければなりません。ただ、仲良くするのではなく、ビジョンを実現するために貢献できる存在として、認めてもらわなければなりません。

そうなれば、何か問題や悩みがあれば、相談してくれるでしょう。一緒にビジョンを実現する同志だと認めてもらえれば、社内での悩みも話してもらえるでしょう。

そうしてもらえないということは、まだまだ、何かが足りないということです。

同志として認めてもらっていないということです。

もっともっと精進して、認めてもらえるようにならなきゃいけないと思います。

まだまだ修行。

もっともっと修行。

あ~、キリがない。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)