若きリーダー

昨日は、ある会社の研修でした。その後、その会社の社長とリーダー3名と会食。

この会社では、毎月1回研修をやっています。そろそろ1年半になるかと思います。社員は、20代前半から40代までいますが、みんなそれぞれ成長していると思います。

もちろん、人によってそのスピードは違います。伸び悩んでいる人もいるでしょう。

でも、素晴らしいと思うのは、全体的に前向きなエネルギーが感じられることです。誰か一人ではなく、「全体的に」感じられるというところがいいのです。

もちろん、全体的に前向きなエネルギーが感じられるといっても、一人ひとりを見ていけば、問題・課題が山積みの場合もあるでしょう。実は、中には、それほどやる気がない人がいるかもしれません。それは、様々な人間が集まっているのですから、仕方がない面もあります。

いずれにしても、全員が集まっているときに、その様なマイナス面が感じられず、全体として前向きなエネルギーを感じるのですから、これは素晴らしいことだと思います。

そのエネルギーを作り出している源は、もちろん社長でしょう。でも、社長だけの力では、全体からエネルギーを発するところまで行かないのも現実です。

特に、社長がいなくなってしまうと、少し気を抜くというか、手を抜くというか。。。そんな社員が少なからず存在します。

社長の前ではよく見せようと演技をしている人が、社長がいなくなった途端に本性を見せ始めるので、全体からエネルギーを感じるところまではいかないというわけです。

でも、今のこの会社はそうはなっていません。

実は、この会社では、私が研修をしているときは、社長はあえて外出するようにして下さっています。その方が、社員の本音が出るだろうという配慮です。ですから、昨日も社長はいませんでした(最後の方で帰社されましたが)。それでも、みんな前向きでした。いつもそうです。

では、なぜ、そうなっているのか。

やはり、リーダーがその気になっていることが大きいでしょう。リーダーが努力しよう、自らを高めようという姿勢を見せているから、それに引っ張られて他の社員もがんばろうとしている。だから、もし、自分はあまりがんばりたくないと思っている人がいたとしても、それは隠さざるを得ないのです。そんなことをいっていたら、取り残されてしまうからです。

いい意味での競争、ライバル心があると思います。

さて、そのリーダーですが、会食した3名は、1人が20代、1人が30代、1人が40代です。同じリーダーでも各年代に分かれています。みんなそれぞれ、いい面もあれば、悪い面もありますが、みんな心のいい人間だと思います。みんな、それぞれの個性があって、それぞれいいリーダーだと思います。

中でも、注目したいのは、20代のリーダー。

正確にいえば、25歳です。

25歳!!!

25歳のときの自分はどうだったか。。。

まあ、5年ほど前のことですが(大嘘!)、たぶん、まだまだまだまだ、、、全然ダメダメダメダメ、、、だったと思います。

それを思えば、すごい!

でも、慢心してはいけません。マラソンじゃありませんが、最初は先頭集団を引っ張っていても、最後は疲れて全然ダメという人もいます。逆に、最初は遅くても、徐々に追い上げて最後は優勝というパターンもあります。

何でも要領よくできるけど、結局大成しないという人もいます。何でもできちゃうから、そこから先の努力をしないからでしょう。

彼はそうならないと思いますが、そうならないためにも、どんどんチャレンジして、壁にぶつかって、失敗して、いろいろと学んでいって欲しいと思います。

幸い、そういう失敗なら受け入れてくれる社長もいます。

がんばりなさい!!

読んでいないと思いますが、応援してますから。

それから、30代、40代のリーダー。

油断してると、追い抜かれますぞ!!

読んでないと思いますが。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)