視点が内向き

今日は、本当はある会社の経営指針発表会に参加する予定でした。その後は、大学の友人と久しぶりに会うことになっていました。[E:happy01]

ところが、前日になって、ある会社から緊急ミーティングをするのできて欲しいといわれ、そちらへ参加することに。。。

細かいことは書けませんが、世の中の状況がこうですから、思うようには利益が上がっていない状態です。打開策が簡単に見つかるはずもなく、いろいろと悩んでいます。[E:despair]

みんな大変なのは分かります。

でも、お互いに批判しあっても何も始まらない。

何かを改善するために、お互いに指摘しあうことは大事です。

でも、相手の悪い点を、ただ批判するのとは少し違う。

見ているところが、社内のことばかりなんですよね。うまくいかないのは、社内の他の誰かが悪いと。。。[E:wobbly]

こういう大変なときだからこそ、全員が協力しあって、顧客から選ばれるような商品、サービスを作り出していかなきゃいけない。それなのに、内輪もめしていてどうする?![E:pout]

たぶん、それを私にいわせたかったのでしょう。

言ってきました。。。

思うに、当事者は、どうしても視野が狭くなるようです。私もそうです。ただ、仕事でクライアントの会社を訪問するときは、コンサルタント・モードになっているので、常に冷静になるよう癖がついています。

そういう目で見ると、どうしても、どんな会社も、一歩引いた見方ができていないようですね。

結局、「会社がどうなのか」ということよりも、「自分がどうなのか」という視点になっている。

ちょっと一歩引いて、道を譲れば、お互いが気持ちよくいられる。

お互いが主張して、道を譲らないと、お互いに不愉快になる。

だったら、一歩譲ればいいじゃない。

う~ん。。。

当事者だったら難しいのかも。。。[E:think]

でも、同じ会社の仲間だよ。

ライバル会社を“敵”だとすれば、同じ会社の仲間は、みんな“味方”

結局、本当の目標、目的を見失っているということなのでしょう。

とにかく、がんばりましょう!

絶対、いい会社になるから!![E:happy02]

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)