親しき仲にも礼儀あり

いろいろな会社の社員と接する場合、基本的には、あまり固いことはいわず、気軽に接してもらえるようにしています。

学校の先生と生徒のような関係になってしまうと、受動的になったり、変な緊張感が出てきたり、本音も出にくくなり、意見交換も活発に進まないからです。

そういいながら、時々苦言を呈します。[E:think]

どういうときにいうのかというと、たぶん、基本的なことができていないときです。

時間を守らない
挨拶ができていない
言葉遣いが悪い
真剣に取り組まない
ふざけている

そういうときです。特に、最後の二つの場合は、怒ります。[E:angry]

文字通り、「ふざけるな!」って感じです。[E:angry] [E:angry]

「こっちが真剣にやってるのに、何考えてるんだ!」

そう思って、叱ります。

もっとも、受講生をふざけさせる原因の一つは、私の甘さにあるのかもしれません。[E:coldsweats01]

私は、楽しく、リラックスしながら、高い目標に向かって、真剣に取り組むのが好きなんです。

眉間にしわ寄せて、深刻そうな顔をしながらやりたくないんです。

「よりよい仕事をしよう」
「自分を成長させよう」
「もっと会社をよくしよう」

それを実現させることは、簡単ではありません。大変なことです。真剣にやらなきゃダメです。

でも、そんなことだからこそ、楽しく、リラックスしてやろうよと思うのです。[E:confident]

なぜなら、長丁場の取り組みになりますし、いい成果を上げるためには、リラックスすることは重要だからです。

ですので、リラックスできるような雰囲気作りを心がけています。気軽に話ができる空気をつくるために、冗談を言うこともあります。細かいことは流して注意しないこともあります。

でも、それをいいことに、上記の基本的なことをおろそかにされると、怒るわけですね。

私は、みんなを大人として扱っているつもりなので、子供みたいに羽目を外して欲しくないわけです。最低限のルールは守って、真剣に、楽しくやって欲しいわけです。

最低限のルールといえば、私と受講生の関係も問題です。

前述の通り、学校の先生と生徒のような関係にはしたくないと思っています。教える側と教わる側の2つに分かれるのではなく、全員で学び合う関係にしたいのです。

ただ、学びあうといっても、友達ではありません。悪い意味での仲間でもありません。

いくら親しくなっても、礼儀はわきまえて欲しいのです。

お互い大人ですから。

それができないなら、私は子供に接するように、一から事細かに注意しなければなりません。

いつも、そうならないように祈っています。[E:confident]

俺にいわせるなよ。。。と。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)