コンサルタントはいかがわしい職業?!

私が、コンサルティング業界に身を置くようになってから、そろそろ10年になろうとしています。

当たり前かもしれませんが、コンサルタントになる前は、コンサルタントというのがどんなものかよく分かっていませんでした。まあ、今でも「コンサルタントって何だろう?」と考えてしまうこともあります。というのも、自分が考えるコンサルタント像と、世の中にいるコンサルタントの実像が、ややずれていたりすることがあるからです。

大体、コンサルタントはいいます。

「○○を■■すればうまくいく」
「○○ができてないから××なんだ」

大抵それは間違ってはいません。でも、そんなことはいわれている経営者も大抵は分かっています。ただ、分かっているからといって、それを改善したり、理想の姿に持っていくことはなかなかできません。なかなかできないから苦労するのです。

ところが、コンサルタントというものは、それがいとも簡単にできるかのように話をするのです。

「だったら、自分でやってみたらいいのに。。。」

そう思われるのも無理はありません。

でも、実際に自分でやってみてうまくいったという話はあまり聞きません。端で見ていてあれこれいうのと、自分が当事者としてやっていくのはまったく別物なので、そんなにうまくいくはずがありません。

でも、性懲りもなく、調子のいいことを言い続ける人もいます。そうしないと、自分の実力をアピールできなかったり、仕事につながらないからでしょうね。

それは同業者としてよく分かります。でも、好ましいことだとも思いません。

ただ、そんなことを続けているコンサルタントが大勢いると、「コンサルタントというのは口先ばかりで、役に立たないことが多い」というイメージができてしまいます。

それで、私も、コンサルタントというのはいかがわしい職業だなと思ったりするわけです。

ただ、何とかとハサミは使いようという言葉もあるように、コンサルタントも使い方次第では役に立ちます。

そのコンサルタントの得意分野がなんなのかにもよりますが、とにかく、経営者が主導権を握ることです。コンサルタントは、ある特定の分野については、経営者のアドバイザーになり得るかもしれませんが、その会社の経営全般におけるアドバイザーにはなり得ません。なぜなら、それぞれには得意分野があるからです。

唯一例外があるとすれば、自分がいくつかの会社を経営してきたという経歴の持ち主です。ただ、自分がやるのと人に助言するのはまったく別物なので、これもまたいいアドバイザーになれるかどうかはその人次第というところがあります。

結局、その会社について一番よく分かっているのは、その会社の経営者です。その会社の売りとなる強み、技術などを把握しているのも経営者です。自社の社員の力量、経営資源の量や質を把握しているのも経営者です。

従って、自社が何をすればいいか、適切な戦略を考えたり、目標設定できるのも経営者です。

ただ、当事者というのは、自分を客観視することができません。それを補完するのがコンサルタントの一つの役目かなと思います。

社内では強みだと思われていることが、一般的には別に大したことがなかったり、反対に、社内では当たり前のこととして特に意識もされていないことが、外部から見たら大きな強み、武器になったりすることもありますからね。

あとは、コンサルタントの持つ専門知識、スキルの有効活用です。どんなことを知っているのか、どんなことができるのかを見極めて、うまく利用する。決して、コンサルタントにすべてを任せたり、戦略の大切なところを考えさせてはいけません。一緒に考えるのはいいと思いますが。

結局、経営者がいろいろなことを学んでいないと、コンサルタントは使えません。

これは、実際に自分が仕事をしていて、すごく実感しています。

以前は、

経営者がいろいろ勉強しているんだったら、コンサルタントは不要。
逆に、勉強してないから、コンサルタントが役に立てる。

こう考えていました。でも、逆でした。経営者がいろいろと勉強しているから、コンサルタントの使いどころが分かるんです。有効に生かす場所が見つけられるんです。

勉強していないと、そのポイントが分からないばかりか、コンサルタントのいうことに振り回されて、混乱を来す恐れもあります。

たぶん、ここがコンサルタントがいかがわしくなるかどうかの境目だと思うんですよね。

もし私が悪徳コンサルタントだったら、何も分からない経営者に適当なことをいって言いくるめれば、一番儲かるだろうと考えるでしょうから。

もちろん、そんなことはしませんけど。。。[E:coldsweats01]

きれい事をいうようですが、自分だけが良ければいいというものではないと思っています。経営者も、その会社の社員や家族も、その会社のお客様をはじめとする関係者も、みんながハッピーになれるようなお手伝いをするのが、私の夢ですから[E:shine]

もう一つの夢は、やはりこの職業がいかがわしいといわれなくすることです。[E:happy01]

自分だけの努力では無理ですが、がんばります![E:happy02]

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)