ささやかな夢が叶う

私の夢の一つは、「母社」に恩返しをすることです。
「母社」という表現はあんまり使わないと思いますが、卒業した学校を「母校」というのと同じような意味で、辞めた会社のことを「母社」といっています。
今私が「母社」といっているのは、学校卒業後すぐに勤めた会社のことです。コンサル会社に転職するため辞めたのですが、辞めたくて辞めたわけではありません。嫌だったから辞めたのではなくて、コンサルタントになりたいと思ったので辞めただけです。
その会社にいながら、コンサルティングができるのならそれでもよかったのですが、そういう選択肢はありませんでした。いろいろ悩みましたが、せっかくのチャンスなので、別の世界にチャレンジしてみようと決めました。
ですから、この会社については、今でも様々な思いが心の中に残っています。最近は、その会社の同期とバンドを始めたりしたので、いろいろと情報も入ってきたりして、よけいいろいろ思います。
で、先日、そのバンドのリーダー(同期のこと)から、あるマニュアルについて意見が欲しいといわれました。マニュアルの具体的な中身については私はもう分かりませんが、マニュアルとしての作り方とか、全体像とか、第三者だから分かることを聞きたかったようです。


意見をいうためにマニュアルを熟読しましたが、「そういえば、こんなのもあったなぁ」と、何とも懐かしい感じがしました。その一方で、当時は気付かなかったけど、改めてその会社らしさ(いい面も、悪い面も)が見えてきました。
そして久しぶりに「母社」を訪問し内装の変貌ぶりにびっくり!セキュリティも強化されていて「いや、変わったな」と。10年一昔ですから変わるのも無理はないか。バンドリーダーにいいたいことをいって、そのあとランチ。リーダーにごちそうしてもらって帰ってきました。
私のコメントがどれだけ役に立つかは分かりません。でも、まあ、少しは役に立っただろうと思います。
で、それがすごくうれしかったんです。
自己満足ですが、「あ、少しは恩返しができたかな。。。」と。
思えば、その会社を辞めてから10年。
ということは、コンサルタントになってから10年。
まだまだ発展途上だし、修行中ではありますが、それでも10年やってきて、まあそれなりにはいけるかなと思う部分もあります。そうじゃなきゃお金を頂いてやってはいけませんからね。
たぶん、今なら「母社」のために、もっと大きな恩返しができるかなと思います。
初めての会社と違って、いちいち調査しなくても大体のところは分かりますし、それについての解決方法は、この10年間でいろいろと身につけてきましたから。
恩返しですから、お安くしておきますし[E:wink](って営業トークかよ![E:coldsweats01])。
まあ、お金はありそうだからいいか[E:happy02](誰も読んでいないと思うので書いてます)。
冗談はさておき、大したことじゃないんですが、自分としてはとてもうれしい出来事でした。
リーダーありがとう![E:happy01]

Follow me!