信頼とコミュニケーション

私の会社は、シンコムパートナーズといいます。

よく、“シスコム”と間違えられるのですが、正しくは、“シンコム”です。

時々聞かれるのは、「シンコムってどういう意味ですか?」ということ。

確かに、何だかよく分かりませんよね。。。

そりゃそうです。私の造語ですから。。。

しかも、“シンコム”の“シン”は、信頼の“シン”。

“シンコム”の“コム”は、コミュニケーションの“コム”。

どうして、日本語と英語をくっつけちゃうの?!

今の私ならそういうでしょうが、名前をつけた当時は、これでいいと思ってしまったのです。当時のキャッチフレーズが「信頼とコミュニケーションで、皆様のベストパートナーを目指す」ということでしたので、“信頼”を英語に訳さない方がいいと思ったわけです。

一応、少しは考えているのです。。。

それはどうでもいいのですが、重要なのは、なぜ私が、“信頼”と“コミュニケーション”を会社の名前にしようと思ったか、ということです。

いろいろ考えたのですが、結局、組織の問題、、、ひょっとすると、人間関係の問題といった方がいいのでしょうか、、、これは、“信頼”の欠如と“コミュニケーション”不足によるものが極めて多いと感じたからです。

私は、独立する前にコンサルティング会社にいて、いろいろな会社を見てきました。そして、それぞれの企業の問題や課題を見ました。また、問題の原因はどこにあるのか、どうしてうまくいかないのかという分析も、イヤというほどしました。

表面的に見ると、企業それぞれ問題も違いますし、原因も違います。

でも、ある程度の数を見てくると、すべての会社に当てはまる共通点が見えてくるのです。

それが、“信頼”の欠如と“コミュニケーション”不足でした。

もっとも、これをいうと「うちは、そんなことないよ」と、多くの方がおっしゃるのですが。。。

でも、あえて申し上げます。

「信頼関係ができている」とか、「コミュニケーションがきちんとできている」とか、安心しない方がいいと。

別に、けちをつけているわけじゃないんです。

余計なお世話かも知れませんが、もう一度よく考えてみた方がいいのです。

思いつきでいっているわけではないんです。

まあ、せいぜい数十社のレベルではありますが、企業を見て、問題点を探って、その原因を分析した経験から得たものです。

ですから、素直に、冷静に、私の意見にも耳を傾けて欲しいんです。

これができていないと、本当の強い組織はできません。

足並みが揃った組織、全社一丸となれるような組織にはなりません。

仲良しクラブとか、似非全社一丸組織はできます。

でも、そんなのイヤじゃないですか!!

私は、本当の強い会社を作るためのパートナーになりたいのです。

何だか、誰か特定の人に対するメッセージのようになってきましたが、そうではありません。

世の中の心ある経営者の皆様へのメッセージです。

もう一度、よく確認してみてください。

本当に、強い会社、楽しい会社を作るために!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)