ブランドの価値

「ブランド力を強化したい」

昨今では、よく聞く言葉ではありますが、ブランドとは一体何でしょうか?

なぜ、多くの企業がブランド力を強化したいと考えるのでしょうか?

それは、ブランドが認められると、いくつかのメリットがあるからでしょう。

まずは、強力なブランドになれば、顧客から選ばれやすいということがあります。「ビールなら、□△(ブランド)」とか、「デジカメなら、○○」いうように、強力なブランドは真っ先に顧客の頭に思い浮かび、購入してもらいやすくなります。

また、価格競争を回避することも可能です。強力なブランドになれば、「どうしても○○が欲しい」というこだわりを持つ人も多くなり、安売りしなくても売れるようになるからです。

さらに、このような状況になると、販売促進を必要以上にしなくても、口コミ効果で売れるようになるなど、効率面でもメリットがあります。

以上のように・・・ちょっと良いことばかりを書きすぎた気もしますが・・・強力なブランドがあれば、他社の商品よりも、自社商品(ブランド)が売れやすくなります。そうすれば、必然的に売上も上がり、価格競争も回避できるので、経営が安定します。だから、企業はブランド力を強化したいというわけです。

しかしながら、このような価値を持つブランドを作り上げることは容易ではありません。ブランド構築というのは、デリケートなものであり、かつ、やるべきことがたくさんあるので、そう簡単にはできないものなのです。

もっとも、だからこそ、一度ブランドを作り上げれば、強固なものになるともいえます。といいながら、ちょっと間違えると、一気に崩れてしまうのもブランドです。

人間の信頼関係と同じようなものなのかもしれません。

ですから、ブランディングは注意深く行う必要があるのです。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)