こだわりを捨てられるか

ブランドには、こだわりが必要です。しかしながら、そのこだわりが、ブランドづくりの邪魔をすることもあります。時には、こだわりを捨てるという潔さも必要です。

変なこだわりが、自社のイメージを曖昧にしてしまうからです。

たとえば、こんな店がありました。

もう1年以上も前に、オープンした飲食店です。大きなカテゴリーでいえば、居酒屋に属するといえるでしょう。店内は、4人がけのテーブルが4つ程度、それにカウンターが数席あるだけの小さな店です。

その店の売りは、チキンと、タラバガニと、手品と、占いと、空いている時間にはフリースペースとして利用可能ということです。(本当はまだありますが、省略します)

さて・・・

この店の売りを見て、どのような店か、イメージできるでしょうか?

また、是非、行ってみたいと思うような店でしょうか?

もちろん、人によって、選択の基準も違いますし、好みも違います。一概に決めつけることはできません。ただ、私は、積極的に行ってみたいとは思いません。、興味本位で、冷やかしに行くということであれば、行ってみたいという気もありますが、繰り返し行こうとは思いません。

もちろん、それでは店の経営は成り立ちません。やはり、繰り返し来店してくれるリピーターが必要ですし、積極的な意味で、是非行ってみたいと思えるような店にするべきでしょう。

では、この店の問題点は何か。

売りが多すぎることです。

チキンとタラバガニの組み合わせだけでも問題です。組み合わせてしまうと、いくら品質が高くても、どちらもおいしそうなイメージがなくなります。

そこへ持ってきて、手品と占いが加わる・・・

この店は、いったい何の店???

結局、どんな店なのかが分からないのです。

でも、この店の主人にはこだわりがあります。手品や占いでお客さんに楽しんでもらいたい。焼き方にこだわった、柔らかくておいしいチキンを食べてもらいたい。あるルートから安く仕入れられるタラバガニを、リーズナブルに提供したい。

それぞれが、こだわりなのです。

ただし、こだわりがありすぎるため、この店は一体何なのかが分からなくなってしまっているのです。

時と場合によっては、捨てなければならないこだわりもあるということですね。

<今日のポイント>
こだわることは、ブランドづくりには必要。
ただし、こだわりすぎは逆に問題になることも。
時には、こだわりを捨てる勇気も必要。
自社のイメージを明確にするために。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)