グローバル・メディア・スタディーズ学部

電車で移動中のこと。

何気なく外を見ていたら、ある大学の看板が目に留まりました。今さら大学受験でもないし、子供がそろそろ大学生というわけでもないので、あまり興味はありません。

でも、駅で止まったところからよく見えたのです。

何気なく見ていると、文学部、経済学部、経営学部・・・と、学部が羅列されています。その中に、他とは違って異彩を放つ学部が一つ。

グローバル・メディア・スタディーズ学部?!

何だそりゃ?!

帰ってきてから、ホームページで調べてみますと、次のようなことを学ぶ学科だということです。

「メディアとコンテンツの本質を理解し、地球規模の問題を、創造的に解決できる人材を育成します」駒沢大学のホームページより

地球規模の問題を創造的に解決!?

大したもんだ!!

しかし・・・

私の頭では、理解できません。

どうして、メディアとコンテンツの本質を理解すると、地球規模の問題を創造的に解決できるのでしょう???

そもそも、地球規模の問題って何?????

おそらく、他にも理解できない人がいると思うのですが・・・

いくら構想が立派でも、伝わらなければ意味がありません。もう少し、分かりやすく説明して欲しいと思います。

さらに。

文学部、経済学部、経営学部・・・と、どこにでもあるような学部名が並ぶ中で、突然、「グローバル・メディア・スタディーズ学部」はないでしょう。

漢字とカタカナの違いも何か違和感がありますし、長さの違いがさらに違和感を増幅しています。なんだか、とってつけたように思えるのは、私だけでしょうか。

もっとも、いずれにしても、私には関係のないことですが・・・

しかしながら、何かの名称という意味では、誰もが気をつけるべきでしょう。何か違和感が残るものを放置しておくと、全体の印象も悪くなるからです。

ちょっとした違和感にも注意。

さもないと、ブランドが崩れます・・・

<今日のポイント>

説明は、誰にでも分かる言葉で分かりやすく。
名前をつけるときは、そのほかのものとも整合性を。
あえて目立たせるつもりでなければ、他と似たような名前の方がバランスがとれる。
違和感を残すと、全体の印象が悪くなることもある。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)