理念の浸透には、異常なまでのこだわりが必要?

前から思っていたことでもあり、また、最近改めて強く感じていることでもあるのですが、理念を浸透させるということは、トップの異常なまでの執念、執着心、こだわり、情熱、信念、パワー、、、が必要だということ。

たとえば、ワタミグループの渡邊美樹会長。

先月、NHKの「仕事学のすすめ」という番組で取り上げられていたのを見て、前から持っていた『社長が贈り続けた社員への手紙』という著書を読み返してみました。

「地球上で一番ありがとうを集めるグループになる」

そんな思いが、その本からも伝わってきますし、番組内からも伝わってきます。

もっとも、こういっては何ですが、ワタミグループの店に行ってみると、どこまでその理念が浸透しているかには疑問があります。これだけ店舗数も増えれば、いい店も、それなりの店も、あまりよろしくない店もあるのだと思いますが、私が知っている限りでは、まあどこもそれなりです。

たぶん、渡邊さんが店舗見学に来たら、たくさんのダメ出しをされることでしょう。

つまり、理念の浸透が、完璧ではないんです。

でも、だからといってあきらめるのかというと、手を変え品を変え、しつこく何度も何度も、思いを伝え続ける。

そんな異常なまでの執念を感じるんです。

思えば、いろいろと取り上げられる企業というのは、どの会社も

「え?そこまでやるの!?」

と第三者が思うような、異常なまでのこだわりがあるように思います。

リッツカールトン、ディズニーランドなどは誰もが知っているこだわりの会社ですね。

まあ、どこにこだわるかは、各社それぞれですが、共通しているのは、大切にしたいと考えている部分に対する、異常なまでの執念、執着心、こだわり。。。

でも、それがあるからこそ、他社と差別化されて、話題になるだけの特徴ができてくるのだと思います。

もちろん、「いうは易し、行うは難し」です。

たぶん、500のパワーを持ってして、形になって表れてくるのは、5とか10とか。。。

数値は適当ですが、そこにかけるパワー、労力の割には、実が少ないという印象だと思います。

でも、だからといってこだわることをやめるのではなく、逆に、だからこそ、トコトンこだわって、人からは異常だと思われるぐらい執着心をもって取り組んでいく。

それが大切なのかなと思います。

でも、それをやるのには、相当、強靱な意志が必要ですね。

たぶん、本当にやりたいことじゃなければ、できないことだと思います。

だから、やっぱり、最後は心からやりたいことをやっている人、そのことが好きで仕方がない人、それをやるのが楽しくて仕方がない人が勝つのです。

もちろん、ビジネスモデルというか、商売の形ができていないとダメだと思いますが。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)