目利きが逸品を見つけてくれるうれしいサービス

10月29日付けの毎日新聞朝刊に、定期購入サービスについての記事が出ていました。
「定期購入サービス」とは、毎日定額の料金を払うと専門家が厳選した商品が月ごとに届くもので、洋服から日本酒やラーメンまで、様々なものがあるそうです。
私も、以前、ワイン[E:wine]で同様のサービスを見かけたことがあります。毎月厳選したワインを送ってくれるとかで、とっても魅力を感じたのですが、そんなに素晴らしいワインが送られてきてしまうと、飲み過ぎになるような気がしたのでやめました[E:coldsweats01]
ワインに詳しい方なら、まあ、そう詳しくもない方もそうなのかもしれませんが、店に行って、いろいろと好みのものを選ぶということそのものが楽しいということもあります。
これがいいかな。。。あれがいいかな。。。[E:happy01]
そうやって悩むところが楽しいわけです。ときには、買いすぎた!![E:coldsweats02]とかいうのも。


ただ、そうはいっても、ワインの違いって分からない人も多いのではないでしょうか。もちろん、赤と白の違いぐらいは分かります。産地によって違うことも分かります。
ただ、どこの国のどこの土地のワインがどうたらこうたらということになると、違うのは分かりますが、それがどのように違って、自分の好みに合うのはどれなのかというのは、なかなか分かりません。
結局いろいろ試してみて、徐々に自分の好みを見つけていくのでしょうが、端から順番に飲んでいくのも何ですし(そういいつつ、それも楽しいという気もしますが)、何かガイドが欲しいよなぁと思うわけです。
そんなニーズに目をつけたのが、この定期購入サービスですね。
どんな企業でもできますが、ちょっとこだわりのある商品を売っている会社は、自分のところでもやってみたらどうなんだろうという気がします。
自社商品をただ売るのではなく、どうやって楽しむかとか、こんなものがあるという提案がうまくできれば、ただの商品を販売する店から一歩抜け出せると思います。
特に、多様な種類があって、選ぶのが困難な商品に有効でしょう。
機械のように性能が明確ではなく、どちらかといえば個人の嗜好で選ばれるようなもの。
そんなものが、いいのではないでしょうか。
新聞の記事に取り上げられていた、洋服、日本酒、ラーメンなどはまさにぴったり。ワインも同じですが。
お客様にとってもうれしいサービスですし、ちょっと取り組んでみる価値があるのではないかなと思います。

Follow me!