会社のhappyを追求するためには・・・分解することが大切?!

繰り返しになりますが、企業経営にとって、3happyを追求することが大切だというのが、私たちの考え方です。
とにかく利益を出せば良い、儲かればいいという考え方では、短期的には儲かっても、長期的に見た場合には問題が起こる可能性が高くなります。問題を起こさずに、永続的に利益を出し続けるためには、3happyを追求することが大切なのです。
さて、ここまではいつものセリフなので、「もう聞き飽きた」という方もいらっしゃることでしょう。そこで、これからは視点を少し変えて、3つのhappyそれぞれについて、どうやればhappyな状態を築けるのかを書いていきたいと思います。
まずは、会社のhappy。
どうやったら実現できるかを考える前に、「会社のhappy」とは何かを明確にしておきましょう。
ここでは、会社のhappyを、
「社会的な使命を果たし、適切な利益を得られること」
とします。
要は、単に自社が儲かればいいということではなく、社会の公器として存在しなければならないということです。ただ、社会の公器として、社会に貢献し続けるためには、利益を出していなければならないので、利益を出すことももちろん大切なことです。
では、どうやったら利益を出せるのでしょうか?


そんなことが分かったら、経営者は苦労しません・・・などといってしまうと、ここで終わってしまうので、分からないなりに、少しずつ考えていきたいと思います。
まずは、利益を算出する公式を確認しましょう。
利益=売上高-費用
当たり前ですね。「そんな当たり前のことを書くな」と怒らないでくださいね。何事も基本をきちんと押さえておくことが大切です。
この公式から、利益を増やすためには、2つの方向があることが分かります。
一つは、売上高を上げること、もう一つは、費用を減らすこと。もちろん、その両方なら万々歳です。とはいうものの、ここまでは、これまた当たり前の話で、問題はここからですね。どうやったら売上を上げられるか、また、どうやったら費用を減らせるか、それが大きな問題です。
で、こんなことをいうのもなんですが、ここから先は話がややこしくなるので、簡単には書けません。
「おいおい、肝心なところに来たら書けないときたか・・・」
そんなことを思われたかもしれませんが、こんな基本的なことをわざわざ書いたのは、ここで申し上げておきたい重要なことがあるからです。
それは何かというと、「何でも分解して考えられる」ということです。
「利益を増やす」という課題があったときに、「利益を増やすためにはどうしたらいい?」「利益を増やすためには・・・」といくら考えても、なかなか良い考えが浮かばないことがあります。そんなときには、今のように分解してみるのです。
利益は、売上高-費用だから、利益を増やすためには、売上高をプラスするか、費用をマイナスすればいい、とすぐ分かります。
ここから先も同じです。
たとえば売上高を分解すると、
「顧客1人当たりの購入額×顧客数」となります。
こうやって分解すれば、「顧客1人当たりの購入額」を増やすか、「顧客数」を増やすかと、より具体的に考えられるようになります。
ついでにもうちょっとやってしまうと、
「顧客1人当たりの購入額=購入した商品の単価×購入商品の個数」となります。(正確にいうとちょっと違いますが、おおざっぱに捉えてください)
こうすれば、「顧客1人当たりの購入額」を増やすためには、商品の単価を上げるか、個数を増やすか、と対策が立てやすくなるのです。
費用の方も同じようにすれば、どのようにすると費用を削減できるようになるかを、より具体的に検討できるようになります。
というわけで。
今回の結論は、「難しいことも、分解すれば簡単になる」ということです。
難しい課題に出くわした場合には、それを小さく分解して、その小さく分解した一つひとつに対して考えていけば、解決策を見つけやすくなるというわけなのです。
ぜひ、実践してみてください!!
(小野瀬 真也)

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)