誰が見ても恥ずかしくない会社を作る!

仕事がら、いろいろな会社にお邪魔して、内情を見せていただくことがあります。表面的に見るとうまくいっているのに、踏み込んでいくと様々な問題が潜んでいます。どんなに素晴らしい会社でも、まったく問題がないということはないでしょう。

また、一つの問題を解決すれば次の問題が発生したり、企業のレベルが上がったことで、返って問題として表面化してくることもあります。

ですから、問題はあっても仕方ないだろうと思います。大切なのは、それに対してどう取り組んでいくかであり、最終的に何を目指しているかということです。

たとえば、食品を製造している会社をイメージしてください。生産工場では、材料の期限切れとか、衛生面での問題が発生するかもしれません。それは、ある意味仕方のないことです。しかしながら、だからといって、ばれなければそのままでも良いというような姿勢では大問題です。適切な対処をしなければならないことは、いうまでもありません。

最終的には、「お客様に喜ばれる、おいしくて安全な食品を作る」というような目標を目指し、コンプライアンスも大切にしていくべきです。

もっとも、多くの会社では、表面的には、立派な理念・ビジョンを掲げています。大切なのは、字面ではなく、どこまで本気でやろうとしているかということでしょう。

財務諸表は経営者の通信簿だといいます。もちろん、そうでしょう。財務諸表は、経営の結果が表れるものだからです。確かに、経営には社員の力も大きな影響を及ぼします。企業は社長が一人で経営しているわけではなく、たくさんの社員も存在しています。ただ、そうはいっても、その社員が力を発揮するのもしないのも、社長の力といえるのです。ですから、最終的な業績(財務諸表)が、経営者を評価する物差しとなるわけです。

しかし・・・

売上が多いこと、利益を出していること。確かにそれは大事ですが、それだけでは、評価できないのではないでしょうか。

たとえ業績がよくても社員が疲弊していて、よい経営といえるでしょうか。

法に反することをしていて、よい経営といえるでしょうか。

もちろん、そんなはずはありません。

働く社員が、みな元気にイキイキと働き、自社に誇りを持てる会社。

もちろん、業績もよく、利益も出している会社。

きれい事かもしれませんが、私はそれを目指したいと思います。自社もそうですし、コンサルタントとしてお手伝いする会社も、そのような会社にしていきたいと思います。

きれい事であっても、難しいことであっても、そんな会社を目指す社長のお手伝いをしていきたいのです。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)