企業風土、企業文化とは

新聞やニュースなどで、企業風土の問題が取り上げられることが良くあります。
最近では、JR西日本。
あれだけの事故が起きたのに、乗り合わせた運転士が救助活動もせず、そのまま出勤したとか、ボーリング大会をやっていたとか、それに対していろいろなことがいわれています。
事故を引き起こしたのも、企業の体質のせいだろうなどともいわれます。
この企業風土、企業文化とは、何なのでしょう?
企業の体質って、一体何なのでしょう?


何だか、よく分かりませんが、どの会社にも、その会社特有の「文化、風土、体質」というものが存在します。
会社員の方なら、「うちの会社は○○だから・・・」などという言葉を口にしたり、聞いたりしたことがあるはずです。
そして、その「文化、風土、体質」が、社員たちの行動や判断の基準になっていたりします。
先のJR西日本の例でいえば、事故の被害者の救助よりも自分が出勤することを選択するとか、そうさせるように指示することなどです。
運転士がスピードを出しすぎていたのは、「遅れてはいけないという焦り」や、「日勤教育に対する恐れ」があったのではないかなどと推察されています。このような思いは、多くの運転士に共通するものであったようです。
これらの原因は、会社側にあります。なぜなら、会社が「○○すると、査定を悪くする」とか、「△△したら、研修を受けさせる」などという制度を作っているからです。
社員たちは、そのような制度がある限り、「電車を遅らせないように」とか、「日勤教育にならないように」ということを意識して、仕事をしていかなければなりません。
そして、それがいつの日か、その企業の風土、文化になっていきます。
要するに、悪いのは「会社」なんです。
さて・・・
ここで問題なのは、では「会社」とは、一体な何なのか?ということです。
会社=社長でしょうか?
いえ、社長だけが「会社」というわけではありません。
会社=社長+役員でしょうか?
社長と役員だけが「会社」というわけではありません。
結局、会社とは、社長、役員から、一般社員まですべてひっくるめた社員たち全員です。
確かに、社長や役員は、この会社の中で大きな影響力を持っています。しかし、すべてが社長や役員で決まってしまうわけではありません。
経営者が、会社の風土を改革しようとしても、なかなかうまくいかない例はいくらでもあります。逆に、うまくいった例の方が少ないのではないでしょうか。
だから、たとえば、日産のゴーンさんなどは、時の人として、ヒーローとして扱われたりするのです。
「うちの会社は、○○だから・・・」
もし、こんな愚痴をこぼしているとしたら・・・
愚痴をこぼしているあなたも、会社の一員であることをお忘れなく。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)