正面対決

できることなら、対決することは避けておきたいものです。

特に、会社の上司や仲間などとは、対決しないに越したことはありません。

でも、全く対決がない組織というのは、たいていの場合は、あまり良くない状態の組織です。

何も問題がないから対決しないというよりは、みんなが問題を見て見ぬ振りをしていることもあります。あるいは、問題があるのに気づかないということもあります。

もっと悪いのは、こんな人とは対決したくないなんてこともあるかもしれません。

つまり、対決できるということは、そもそも良好な関係が築けているからこそできることなのです。

ただ、対決するといっても、相手を尊重する態度は失ってはいけません。たとえ、上司と部下の関係であろうと、相手が年下であろうと、相手を尊重することを忘れては、ただの喧嘩です。

対決というのは、よりよい会社にしていくためのもの。

前向きなものなのです。

そういうことを、お互いが分かった上で対決することは、とても素晴らしいこと。

どんどん対決するべきです。

部下は、勇気を出して、思い切って上司にぶつかっていく。

上司は、心を広く持って、部下の言葉を受け止めていく。

どちらか一方の言い分を通すのではなく、きちんとお互いの意見をぶつけ合えば、必ず前進するものです。

もっとも、理屈ではそうなんですが、ぶつかりたくはないのが人情。

でも、時には対決することも大切。

やるしかないんです。

場合によっては。

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)