本気かどうかが相手に伝わる

昨今の経済状況からだと思いますが、もっと危機感を持つようにして欲しいということを、よく経営者の方からいわれます。

で、行ってみて、皆さんから話を聞いてみると、とりあえず、今が大変な状況だということは分かっているようです。現状認識は、一応はできているのです。自分たちが、もっとがんばらなければいけない、ということも分かっているようです。

ただ、どうも言葉が軽いのです。いい方は悪いですが、とりあえずいっているだけじゃないか。そう思うこともあります。

いろいろな会社に共通するのですが、確かに経営者と同じような危機感は、共有できていません。

でも、ある会社だけはちょっと違いました。

全体的にぴーん張りつめた空気があって、どの社員も真剣です。完璧ではないかもしれませんが、これだけ浸透していれば十分だろうという印象です。

何が違うのか。。。

たぶん、経営者に続く幹部の意識の違いです。

どこの会社も、まず経営者の危機感は切実です。売上のこともあるでしょうし、借金や資金繰りのこともあるでしょう。どうしたって切実になります。

ですから、ここまではほぼ同じなんです。

もちろん、それをどうやって伝えているかは違うでしょうが、思いは共通です。

ところが、幹部の意識は、各社それぞれ違います。先ほどのちょっと違う会社だけは、経営者と同じ危機感をその幹部が持っていました。それ以外の会社は、言葉では危機感を表現していますが、どうもそのニュアンスというか、切実感が違うのです。切迫感がないんです。

だから、部下にも危機感が伝わらないのです。

口では言ってるんです。

「このままじゃダメだ」
「もっと、危機感を持ってやっていこう」
「まだまだ甘い」

でも、そこに魂がこもっていないんです。軽いんです。

結局、本当の意味では、危機感を共有できていないからでしょう。

幹部が本気じゃないから、部下にも伝わらないのです。

ここで大きな問題になるのは、幹部自身は、「危機感を持っていて本気だ」と思いこんでいることです。

自分が今のままではダメだという自己認識がないので、改善しようがないんです。

これをどうするか。。。

多くの経営者の課題かもしれませんが、私の課題でもあります。

危機感だけをあおりすぎてもよくありませんが、危機感がなさ過ぎるのも問題です。

要はやることを、しっかりとやりきればいいんですけどね。

今のところ、これという特効薬はありません。

各社各様。

地道に、真剣に、本気でやり続けるしかありません。

がんばります!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)