まじめに経営戦略

いろいろな企業を見ていて思うのは、戦略のある企業が少ないこと。どの会社も、まじめに、一生懸命やっているけれども、でも、戦略的な動きが足りないように思います。

戦略というと、ただ難しいだけとか、理屈っぽいだけで役に立たないとか、考えても実践できないとか。。。否定的に思われる方もいるかも知れません。有効な戦略は何なのか、実践的な考え方、進め方が分からないかも知れません。

でも、これがないと、苦労することは間違いありません。

どこの企業でも、売上が伸びなくなってくると、営業担当者に気合いを入れます。

「営業は数字をあげることが仕事なのだから、何が何でもやってこい!」

確かに、それでうまくいくこともあります。でも、うまくいかないこともあります。たとえば、商品力が劣っている場合は、いくら頑張っても売りにくいことは間違いありません。

でも、売れないとき、営業担当が商品力のせいにするわけにはいきません。どんなものでも、優秀な営業なら売ってしまいますし、今、このときに売上が欲しいのに、商品力がどうのこうのいっていられないからです。

でも、時には、そういうことを考える必要があります。

商品力というのは、商品そのものの価値だけではなく、アフターサービスなどの付加価値も含めてです。よい商品を作り、うまく宣伝し、販売し、フォローをするというすべてで、ライバルに勝たなければなりません。

要は、総合力の勝負です。総合力を高めるためには、自社がどのようなポジションに立って、どこで他社と差を付けるのか、他社に勝つためのポイントは何かを考える必要があります。

そして、それを全社員に徹底する。

時間はかかるかも知れませんが、総合力が強くなれば、そう簡単に他社は真似できません。つまり、負けにくくなります。また、営業担当も販売が容易になります。

スーパー営業マンがいなくても、普通の営業担当者がいれば、売上を上げることができるようになります。それが組織力だと思います。

そりゃそうだけど。。。

そういわれる方もいるかも知れません。特に、今のような緊急時になると、そんなことをいっていられないと。

でも、こういう話は、景気のいいときも、景気の悪いときも、考える人は考えるし、考えない人は考えないのです。

でも、いつかは考えなければ、永続的に生き残ることは不可能でしょう。

そうだとしたら、考えるときは今。思いついたとき。

真剣に自社の戦略を見つめ直して、強い企業を作っていきましょう!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)