選択と集中

この言葉は、企業の戦略を語るときによく登場するものです。あれもこれもと手を出すのではなく、自社の強みを生かしながら、機会となるところに集中していくということです。

当たり前といえば当たり前ですが、この当たり前がなかなかできないものです。ビジネスチャンスになりそうな話があると、ついつい、手を広げてしまうということはよくあることです。

自分自身のことを振り返ってみると、ふと気がつけば、手を広げすぎていて、一生懸命やっている割には、成果が上がっていないということがありました。

逆に、あることに集中して、短期間でそれなりの成果をあげたこともあります。

何が違っていたのか。。。

考えてみると、ものすごく当たり前な答えが見つかりました。

それは何かといえば、明確な目標があるかどうかです。

目指すべき方向が明確になっていたから、余計なことにエネルギーを浪費せず、自分の持っている力を集中し、効率的に成果をあげることができたのです。

当たり前です。

日々漠然と仕事をしていたときには、日々の業務をこなすだけで、あまり成果にはつながっていない状態でした。少なくとも、細々とした結果がたくさんあるだけで、まとまった成果にはなっていなかったのです。

やっていることが、散漫としているのだから当たり前のことです。

でも、よく考えてみると、自分で事業を始めてからは、目標がはっきりしているのにも関わらず、うまくいかないこともありました。

その違いは何だろう???

よく考えてみると、自分が意識していた目標の種類が違っていました。

うまくいっていたときは、定量的な目標ではなく、ある意味では漠然とした定性的な目標を掲げて、その実現を目指していました。

たとえば、

「こんなコンサルタントになりたい」
「こんな仕事で貢献したい」
「こんなサービスを提供していきたい」

などです。

逆に、うまくいっていなかったときは、売上とか受注件数などの、定量的な目標に目が行きすぎていました。

定量的な目標はとても分かりやすく、できているかいないか誰が見ても明白です。そのため、できていないという焦りが大きくなって、何でもいいから数字をあげようとしていたのです。

その結果、いろいろなことに手を出して、忙しくしている割には成果が上がらない、ということになっていました。

やはり、中長期的に何を目指していくのかというビジョンは、とても大切ですね。

目指すべきはビジョンであって、売上や利益ではない。
売上や利益は、そのビジョンを実現するために必要なもの。

頭では理解しているのですが、時々、見失ってしまうようです。

気をつけなければ!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)