ワインの会

今日は、同友会の仲間が主催しているワインの会に参加しました。

こぢんまりとしたフレンチの店を貸し切って、食事とワインの試飲。講師は、ワインスクールの主任講師でもあり、様々な資格を有している方です。内容は覚え切れませんが、各ワインについての興味深い説明も聞かせていただきました。

聞いたところによると、この会は、飲み会での話がきっかけとなって始まり、今回が5回目ということでした。参加する側としては、とても楽しく、会費もリーズナブルで、とてもうれしい会です。食事ができて、これだけワインが飲めて、話も聞ける。その割には会費が安い!

これはもう、いうことはありません。

ただ、私も地区会でやったから分かりますが、主催者側には結構負担がかかります。特に、講師の方は、ワインの選定やレジュメづくりなど、相当の負担がかかります。また、幹事役の方の負担も軽くはありません。

実は、会の途中でこんな話が出ました。

「参加者にとっては素晴らしい会だけど、一部の人に負担がかかりすぎているのではないか」
「今後の会の運営を、改めて考えた方がいいのではないか」

そんな内容です。

このような会は、継続することが大変です。結局、運営するのが一部の人だけになったり、負担が一部の人に集中しがちです。

やはり、有志で集まる会、任意で参加する会は、目的や仕組みがきちんとしていなければならないと思います。一部の人に負担がかかりすぎてもいけないし、一部の人だけがいい思いをしてもいけません。また、何のための会なのか、目的が明確でなければいけないと思います。

参加する人全員が何らかのメリットを享受し、長く継続できる仕組みが必要です。

継続しているうちに、何のための会なのか分からなくなることもよくあります。

継続しているうちに、実施することが目的化する場合もあります。

企業経営も難しいですが、任意で参加する会の運営も大変です。

たぶん、どちらもうまくやるためのポイントは共通しています。

明確な目的。

一人ひとりの役割、貢献領域。

一人ひとりにとってのメリット。

それらがうまく回る仕組み。

どこへいっても、どんな場合でも、結局は、WIN-WINにならなきゃ長続きしないと思います。

誰かの一人勝ちは、いつか崩壊します。

バランスが悪ければ、どこかがゆがんでいますから、そのうち崩壊します。

もし、力業で何とか保っているとしたら、ある日突然、崩れます。

ワインでいい気分に酔っぱらいながら、ちょっと考えさせられました。

継続すること。

どんなことでもそうですが、大変なことですね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)