自分の会社を自慢すること

私は、あまり人のブログを読みません。きりがないからです。

ただでさえ、読まなければならない本、資料がたくさんあるのに、もうこれ以上読んでいられない!

それが正直な気持ちです。

でも、関わりのある会社については、社長のブログはもちろん、社員のブログも全部読んでいます。ほとんど読みっぱなしで、コメントもしなければ、それを話題にすることもありませんが、すべて読んでいます。

で、どこの会社ということではないのですが、いいなぁと思ったこと。

それは、「自分の会社はいい会社だ」と自慢している記事。

「自慢」という言葉は適切ではないかもしれません。

なぜならば、どの記事をとっても、全面的にいいことが書いてあるわけではなく、何かしら問題・課題についての記述があるからです。

特に、社長の記事は、厳しめかなぁと思います。

でも、そんな中にも、「幹部社員が育ってきた」とか「みんながんばってる」とか、なんかいいことが書いてあるんです。

社員の記事でいえば、「大変だけどがんばろうと思っている」とか「いい仲間がいる」とか、「絶対にビジョンを実現する」とか、社長が読んだら(読んでると思いますが)泣いて喜ぶ(ちょっと大げさか)ような記事だなぁと思います。

で、一番いいなぁと思うのは、「うちの会社は、いい会社だ!」という記事。

もちろん、「我が社は完璧だ」ということであれば、それはたぶん思い上がりというか、勘違いでしょう。どんなに素晴らしい会社でも完璧はありませんから。

でも、問題や課題があることをわきまえた上で、「いい会社だ!」というのは、これはいい!

だって、やっぱり、自分の会社に誇りを持たないとダメですよね。

特に、社長や幹部は、それをみんなに語ることが大事なのかもしれません。

そして、それは、ひょっとすると、理念を浸透させるのと同じことかもしれません。

「うちの会社は、いい会社だ」

そのあとには、「なぜならば、○○が■■で、、、」と続くはずです。その、「なぜならば、、、」の部分が、会社の理念であったり、それが形になったものであったりすると思うからです。

ですから、どんどん自社の自慢できることを語っちゃおう!!

そう思うのです。

もっとも、そんな自慢だなんてとんでもない、という方も多いでしょう。

いい経営者というのは、謙虚だし、自分に厳しいことが多いからです。そして、問題・課題が山積みで(と思っていて)、口からでてくるのは、いいことではなくて課題ばかり。。。

その気持ちは分かります。それに、そういう姿勢を持ち続けることも大切だと思います。

でも、時には、自社はこんなにいいというのを語るのもいいと思います。

一番いいのは、幹部が語ることでしょうかね。

「うちは、こんなにいい会社なんだ」

幹部がそういっているのを聞いて育つ社員は、会社にいい印象を持つでしょうし、日々の大変なこと、辛いことがあっても、会社に対する忠誠心、帰属意識、仲間意識などが薄れることはないと思いますから。

ということで、幹部の皆さんは、自社のよいところを積極的に語りましょう!

もちろん、「もっとよくするために、○○をがんばろう」ということも忘れずに。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)