基本を徹底的にやりましょう!

しばらく前から、ものが売れない時代といわれています。

本当でしょうか?

iPhoneとか、iPadなどは、前の日から行列ができています。たぶん、生活にどうしても必要っていうものでもないと思います。いえ、間違いなく生活必需品ではありません。なくても、生活には困らないものです。

それでも、行列ができて売れるんです。

ちょっと前になりますが、通販の会社を特集しているテレビ番組がありました。女性向けの服がメインだったと思いますが、1時間の間に数千万円売れるといっていました。

知り合いは、つい通販でいろいろ買ってしまうと嘆いて(だったら買わなきゃいいんですけどね)いました。

景気が悪いから外食産業も厳しい。。。かと思えば、行列ができている店もあります。つい先日、金曜日の夜でしたが、居酒屋はどこもいっぱいでした。

何がいいたいかというと、ものが売れないといいながら、売れるものは売れているんです。

生活がカツカツだから、余裕のあることには出費しないかというと、そうでもないんです。確かに頻度は減っているかもしれませんが、「たまには、、、」といって、出費してもいいと思うことには出費するんです。

このような状況は、かなり前から続いていると思いますが、昨今の不況で、ますますその傾向に拍車がかかっているようにも思います。

結局、当たり前のものは、あんまり売れません。

生活必需品などは、同等品でもっとも低価格にすれば売れるかもしれませんが、利益を考えると厳しいですよね。

でも、質がいいからとか、性能がいいからとか、どんな理由があっても、価格よりも価値がないと思われてしまえば、買ってもらえません。

どうやったら売れるのか?

その秘密はこちら!

なんてやると、アクセスが殺到するんでしょうかね。しないか。。。。

冗談はさておき、結局は、原点に返るしかないと思うんです。

要するに、お客様のことを考えて、徹底的に喜ばれることをする。

当たり前のことですが、どの会社も「お客様第一」といいながらそうはなっていないことが多いものです。どうしても、自分たちの都合が優先されています。ですから、“本当に”お客様のことを考えるということが大切なわけです。

そして、もう一つ重要なのは“徹底的に”ということ。

中途半端はダメです。

自社の売りを明確にしたら、徹底的にこだわって、徹底的に喜んでもらえるように、徹底的に社員を教育する。

小手先のテクニックでは、瞬間的には儲かるかもしれませんが、長続きはしないでしょう。

原理原則に基づいて、いかに徹底していくか。

当たり前すぎてつまらない話ですが、現実的にはこういうことが大事だと思います。

というのも、いい会社の話を突き詰めていくと、どこの会社も「お客様のために」何ができるかを「真剣に」考えて、「徹底的に」「トコトン」やっているんです。

決して、奇抜なことをやっているとか、難しいことをやっているわけでもないんです。

もちろん、真似のできない技術とか、そこまで徹底するのは難しいということもありますが、それは、基本を積み重ねた結果としてそうなっているわけで、最初からそういう難しいことをやっていたわけではないのです。

でも、実は、そういうことが本当の強みです。

始めたばかりでできてしまうようなことは、他社でもできるからです。

時間はかかりますが、そういう強みをつくることが大切。

基本を徹底的にやる!

これが大事ですね!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)