経営にはレシピはないが、原理原則はある

料理をつくるとき。

作り慣れた人は、今ある材料を見て、適当に(いい意味で)チャチャッとつくってしまうと思います。

ところが、私のような初心者の場合は、とりあえず、自分でもつくれそうなものは何かを考え、レシピを頼りにつくることが多いと思います。

レシピには、材料が事細かに書いてあり、つくる手順も説明されているので、とりあえずは、何となくつくることができます。

しかし!

レシピの通りつくったはずの料理が、こりゃまたどうしたことでしょう?!

おいし!!っくない!!

ってことがありますよね。

同じ材料、同じ手順でつくったはずの料理なのに、つくる人の腕によって、やっぱりできばえは違うのです。

まあ、当たり前のことですが。。。

さて、料理の話はこれぐらいにして、経営の話。

タイトルの通り、経営にはレシピに相当するものすらありません。仮にレシピのようなものがあれば、準備するもの(材料)は明確ですし、どのように経営すればいいのかというプロセスも明確です。もしレシピがあれば、もう少しやりやすくなるのかもしれません。もちろん、いくらレシピがあっても、経営者の力量次第で結果が変わるという点は、避けられない事実です。

レシピがないとなれば、あとは自己流でやるしかないのかといえば、原理原則というものは存在します。

ただ、原理原則というものは、漠然としていて実践しにくいことも事実です。

たとえば、料理でいえば、「旬の素材を使い、素材の味を生かして料理する」というようなことです。

確かに、旬の素材はおいしいですから、それを生かすことは大事でしょう。

でも、じゃあ、旬の素材って何なのか。

旬の素材の中でいい素材を見極めるためにはどうしたらいいのか。

旬の素材を生かす調理ってどんなものなのか。

理屈は分かるけど、実際にどうすればいいかがわからない。

それが、原理原則の難しいところだと思います。

経営でいえば、たとえば、「お客様を大切にする」「お客様第一」というような考え方。

あるいは、「強みを生かして、他社とは差別化した商品をつくる」

「ターゲットを絞り込んで、効率を上げる」

確かにそうだけど、でも、、、

自社の強みは何?
どうやって他社と差別化するの?
ターゲットを絞り込むってどこに絞り込めばいいの?

いくらでも疑問が出てきます。

一人で考えても疑問が山積みですから、これが組織となると、その人数分だけ疑問が複雑に、大きくなっていくことでしょう。

従って、経営者が戦略を策定し、全員に理解させ、実践していくというプロセスが重要になるわけです。

これが完璧にできている企業は多くはないと思いますが、ある程度やろうとしているかどうかでも、ライバルより頭一つリードできると思います。

さらに、それを継続し続けていれば、気がつけばかなりの強さを持った企業になれるはずです。

私も今、生き残るため、勝ち残るための戦略、組織づくりをお手伝いできるように、これまでの経験、知識等を整理し、まとめようとしているところです。

簡単にできることではありませんが、経営者がその気になって、真剣に取り組めば、本当に強い企業ができるはずです。

原理原則はあるのです。

あとは、徹底的にやるかどうか。

原理原則に則って、徹底的にやり続ければ、必ずうまくいきます。

企業も、社員も、関係者も、ハッピーになれるはずです。

そういう企業のお手伝いがしたいですね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)