来るもの拒まず

たぶん、私は、こだわりが強いタイプだと思います。

ある意味では、頑固者かもしれません。いえ、と~っても頑固かもしれません。

でも、コンサルティングという仕事では、頭が柔軟でなければいけません。固定観念にとらわれていたり、先入観で決めつけてしまっては、せっかくの素晴らしい可能性を殺してしまいます。

ですから、できるだけ柔軟に、新しいものも受け入れ、常にチャレンジして行こうと思っています。

ところが。。。

元来、ものぐさで、面倒臭いことは嫌い。新しいことは、やってみると刺激があって楽しいのですが、やり始めるまでは、「面倒臭いから、まあいいか」と思ってしまうのです。

そんなこんなで、たぶん、損していることもあるなぁと思う今日この頃。

オープンに何でも取り入れてみると、いろいろと面白い発見がありますね。

もちろん、やってみたら、「これはいいや」というものもありますが、まずはやってみないと、いいかどうかも分かりません。

でも、どうでしょう。

やる前から、そんなことダメと決めつけたりしてませんか?

私も、こんなことをいいつつ、気がつくと「そんなのダメでしょう」と否定してしまいそうになるんです。

悩ましいのは、「どうせダメでしょ」と思っていると、うまくいく可能性があっても、ダメになってしまうこともあるということ。

「ほ~ら、やっぱりダメじゃん」

でも、それって、ダメだと思ってやってるからでしょ。。。

そんなこともあります。

ですから、やるからには、結果が出るまでは常にポジティブでいるということは、とても大切です。

「昔やったけど、ダメだったよ」

こういうのも多いですね。

でも、昔と今は環境が違う。やる人も違う。やり方も違う。

そうしたら、結果も違う。。。かもしれません。

他に良い案があるのなら別ですが、そうじゃないのならやってみるのも悪くはないと思います。

何でも決めつけず、柔軟に。

部下のアイデアもどんどんやってみる。

うまくいかないものもあると思いますが、そうやって何かやっていると、全体に活気が出てくるんです。

活気が出てくると、いい意見も出やすくなるんです。

当然、行動も活発になるんです。

悪いことはないと思いますよ。

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)