「新しい時代は中小企業から」~産業構造の変化にどう立ち向かうか

私にしては、相当立派なタイトル!

それもそのはず。昨日行われた中小企業家同友会の全県経営研究集会、基調講演のタイトルを頂戴いたしました。

基調講演は、テレビでも時々見かける、立教大学の山口義行教授。

テレビでお見かけしたときは、たまたま、ごく普通というか、当たり障りのない話というか、特に興味を引くような話はありませんでした。ですので、講演も正直いえば、それほど期待してもいませんでした。

でも、謝ります。[E:bearing]

ごめんなさい![E:sad]

とてもいい講演でした。テレビの話があまり面白くないのは、局の都合でカットされているからかもしれません。生で聞く講演は、とても良かったです。[E:happy01]

内容としては、大きく分ければ2つでしょうか。

1つは、世界経済のメカニズムの説明。

もう1つは、これからの中小企業のあり方。

世界経済の話は、アメリカのサブ・プライムローンから~~というやつで、ところどころ聞きかじったり、本を読んでいたりしていました。でも、ここまで整理はできていなかったので、なるほどなぁと思いました。

でも、私が一番刺激されているのは、後半の今後の中小企業のあり方です。あるいは、景気回復のための方法とでもいえばよいでしょうか。

ここについては、全く同意見!待ってました!!という感じ。

何が同意見というかといえば、とにかく価値を創造していくことが重要だということ。そのためには、人が大切だと思うし、絶えず、革新していく企業文化が必要だということ。

革新といっても、画期的な何かを発明する必要はない。すでに存在している何かをつないで、別の価値を生み出すイノベーションでいい。[E:flair]

もちろん、これも、そんなに簡単なことではありません。でも、常にそういう発想を心がけ、柔軟な思考、豊かな想像力を身につければ、決してできないことではありません。

そういう発想、思考が習慣化し、企業の文化になれば、こんなに強いものはないと思います。

私の目指している組織づくりは、そういう企業をつくることです。

もう一つはブランディング。[E:shine]

先日も、ずっとパートナーになってもらえる人を探していたと書きましたが、中小企業だって、やり方次第でブランドが作れるはず。全国区の、日本中が誰でも知っているようなブランドは無理でも、ある特定の層なら誰でも知っているブランドは作れるはずです。

その特定の層を明確にして、徹底すればいいわけですから。

要するに、よくいわれるところの選択と集中ってやつでしょうか。

この2つを組み合わせていけば、まだまだ活路は見いだせると思います。

もちろん、いうほど簡単じゃないことも分かっています。

でも、今いる人の頭を解放して、柔軟な思考を習慣化して、活気ある組織を作っていくと、意外なところから意外なアイデアが生まれて、思いも寄らぬパワーが生まれてくるものなんです!!

カルロス・ゴーンさんもいってます。

「答えは、社内にある」

それを引き出すのも私の仕事。

偉そうですが、そう思っています。

燃えてきました![E:impact]

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)