さくらノート~個性をみがき、カッコいい大人になるための自分発見マガジン

今日はバレンタインデー[E:heart01]

だからというわけでは全然ありませんが、神奈川同友会、横浜支部港地区例会がありました。いつもは、関内(日本大通り)にある開港記念会館で行われますが、今日は、上大岡のウィリング横浜が会場。

綺麗な会場で、なかなかいい感じでした。

さて、今日の報告者は、盤水社の中山社長

さくらノートというキャリア教育支援マガジンを発行されている会社です。

さくらノートというのは一体何なのか。

中学・高校に無料で配布されるキャリア教育支援マガジンで、掲載されているのは、様々な企業で働く社員たち。

今思い返せば、子どもの頃というのは、働くというものがどういうことか分かりませんでした。どんな会社が自分に向いているのかとか、自分は何をやりたいのかというのも、なかなか分かりません。

それはどうしてかといえば、働いている大人たちのリアルな姿を見ていないから。

バスに乗れば運転手さんを見るし、お店に行けば店員さんを見ますが、その仕事の楽しさ、やりがい、大変さなどは、分かりません。ましてや、工場で働いている人たちや、事務所の中で働いている人たちのことは、まったく分からないといっていいでしょう。

でも、さくらノートを見れば、それが分かるんです。

学校の先生たちにとっては、これを生徒に読ませるだけで、キャリア教育ができてしまいます!

先生たちの多くは、先生以外の仕事をしたことがありません。一般の企業で働いたことがないし、場合によっては就職活動もしていません。それでも、キャリア教育をしなければならないのですが、じゃあ、どうしたらいいのか。今までは困っていたそうです。

でも、これがあれば大丈夫![E:happy02]

(だんだん、宣伝っぽくなってきたな・・・[E:coldsweats01])

働く人たちのリアルな姿が描かれているので、読ませるだけで教育になってしまうんです!

さらに、そこに掲載された社員さんたちも鼻高々!

30、40ページある冊子に、自分のことが写真入りで紹介されているんです。家族も喜ぶし、ちょっとした自慢になります。

社長さんたちによれば、社員のモチベーションがものすごく高まるそうです。

さらに、企業にとっては、地道で、即効性はありませんが、地元の住民たちへの広報になるということです。

さくらノートは、年間6回(最大で)発行されます。それが、その地域の中学・高校生たちに配られるのです。生徒たちはもちろん、学校の先生、生徒の家族なども目にします。

さくらノートに出ているのは、会社の紹介ではありません。会社概要は少し載っていますが、基本的には社員さんの紹介です。でも、会社を理解するために一番いいのは、そこで働いている社員の生の姿でもあります。

大抵は、いい社員さんだなぁ・・・というところから、きっといい会社なんだろうなぁ・・・と思うわけです。

実際、先行して発行されている金沢では、さくらノートを見ていた中高生が、「あそこの会社で働きたい」と応募してきたといいます。しかも、社長がびっくりするほどの、とても優秀な、素晴らしい人材だそうです。

「どうしてあんないい子が我が社に応募してきたんだ?」と社長。

「いや、さくらノートを見て、こんな仕事がしたいと思ったらしいんです」と採用担当者。

しばらく時間は必要ですが、地元から優秀な人材を採用することにもつながるってわけです。

そんなさくらノート。金沢、富山に引き続き、横浜・川崎版が創刊されました。

興味のある方はこちらまで。

ちなみに、私は盤水社の回し者ではありません。。。[E:coldsweats01]

純粋に、きっと企業にとってもメリットがあるだろうなと思ったので、紹介してみました。[E:happy01]

言葉だけでは分からないと思いますので、是非、実物をご覧になってみてください。印刷された冊子もありますが、Webからもご覧いただけます。

さくらノートはこちらから

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)