東日本大震災被災地の視察 その3(南三陸、まとめ)

一夜明けて、朝日がまぶしい![E:happy02]

部屋の外は海![E:wave]

宿泊したのは、南三陸ホテル観洋

このホテルも被災したそうですが、周囲の被災者に宿泊場所を提供したり、復旧工事の関係者の宿泊場所となっています。

日経ビジネスの記事でも何度か取り上げられていました。その中で、「物見遊山でも良いから現地を見に来て欲しい」という言葉がありました。

確かに、被災地の中に身を置いて、自分の目で見て、その空気を感じることはとても大切だと思いました。

露天風呂からは海が見えて、とても気持ちいいです。是非、一度お越しください。南三陸ホテル観洋まで。[E:happy01]

って、私は南三陸ホテル観洋の人間ではありませんが。。。[E:coldsweats01]

さて、ホテルを出発し、昨夜通った道を戻ります。昨夜は暗くなっていてはっきり見えませんでしたが、かなりひどい状況です。

赤い鉄筋の3階建ての防災対策庁舎も見ました。遠藤さんという女性職員が、防災放送をしていて亡くなられたと話題になったところです。

「ここか。。。」

バスの中だったので写真はありませんが、やはりあたり一面が大変なことになっています。

そして、宮城同友会の会員である株式会社阿部伊組に到着。

宮城同友会の伊東事務局長の挨拶から始まりました。土曜日ですが、わざわざ足を運んでいただきました。

Img_0175

続いて、阿部伊組代表取締役の阿部さんから当時の状況、これまでの経緯などをお話いただきました。

Img_0177

阿部さんは、当時車に乗っていて津波がくるところに出くわし、バックで逃げたそうです。最後は、走って丘に上ったそうですが、同じ場所で建物に逃げた人は流されたとのこと。

まさに、紙一重です。

だからでしょうか。

現地の方々から時々聞かれる言葉。

「生かされている」
「残された我々の使命」

何かを超越したような印象があります。

「何とか地域を再生したい」

これも共通の思いです。

求人活動をしても応募はない。これも共通。

昼間からパチンコ屋は繁盛してるとか。。。

失業保険があるので働かなくてもいい。期間も延長されたので、またしばらくはこのままでいい。そう思っているのではないかとのこと。

「それでいいのか?」

そう思いつつも、現地の人の気持ちは計り知れないので、もしかしたらそれは無理のないことかもしれない。そんなこといってる場合じゃないと思いつつも、働く気になれない、働く状況になっていないのかも知れない。

でも、働いてくれる人がいなければ企業は成り立たない。雇用を守れない企業もある一方、雇用したい企業もある。でも応募はない。地元に愛着はあっても、都会に出ていった方がいいと思っているのかもしれない。もちろん、都会でも仕事はそうそう見つからないだろうけど。。。

人口が減って、ある一線を下回れば公共機関もなくなる。そうしないためには、現地での雇用が必要。でも、地元だけではどうにもならない。

阿部伊組さんは建築会社なので、被災者雇用も積極的にしてきたそうです。

でも、行政から支払いはない。資金繰りが大きな問題。

詳しくは書きませんが、現場のことを何も考えていない官僚の話もありました。「あきれてモノがいえない」というレベルです。

さて、まとめといいつつ、まとめられません。

ただ、感じたことは、被災地の企業に仕事が回るようにすることが必要だということ。

物資を送るとか、義捐金を送るとかも大切でしょうが、それよりも、現地の企業に仕事があって、雇用ができて、要するに自立できるようにすることが大事だということです。

そのために何ができるか。。。

私の力では、特にできることはありません。

ただ、日本国民全員が真剣に考えるべきことで、真剣に取り組むことだと思うので、私もできる限りのことはやっていきたいと思います。

世のため、人のためとかではありません。

そうしなければ、我が国はどうなってしまうのかと思うからです。

そんなことを思いつつ、帰ってきてから1週間。

どうしても意識が薄れるんですね。日常に忙殺されて。

ダメですね。

これは人助けじゃない。自分が生きていくため。

心していこう。

改めてそう思っています。

Follow me!