地域の発展のために何ができるか

誰でも、自分が住んでいるところ、生まれたところ、育ったところなど、思い入れのある土地があると思います。

私はといえば、川崎生まれの横浜育ちで、今も横浜ですから、ほとんどハマっ子でしょうか。

ただ、ある時まで神奈川都民みたいな生活だったので、あまり横浜が地元というイメージがありません。大学は東京でしたし、就職した会社も東京。勤務地は少し変わりましたが、ずっと東京都内でしたので、仕事も買い物も遊びに行くのも東京でした。

それが、かれこれ17,8年続いたのでしょうか。

ですから、地元は横浜ですが、今でも東京の方が慣れ親しんだ感じがあります。別に懐かしいわけでもありませんし、特別な愛着があるわけでもありませんが、東京に行くと、ああこの感じ…と昔のことを思い出します。

でも、先ほども書いたとおり、私はずっと横浜です。生まれて2~3年ぐらいは川崎だったようですが、記憶がはっきりしているのは横浜。今も横浜。

やっぱり、横浜のために何かやりたいなという思いが、沸々とわいてきました。[E:shine]

特定の企業のお手伝いだけではなくて、地域興しとか、商店街の活性化とか、何かそういうこともやってみたいなと思うようになってきたのです。

これはビジネスというよりは、趣味というか、楽しみですかね。

本音をいえば、横浜にはこだわりません。

実は、横浜のためというよりは、何か地域の活性化をやってみたいなと思うようになったので、「地元が横浜云々」という話題を出してみました。

日本が元気になっていくためには、一つひとつの企業が元気になっていかなければいけないと思います。

それはもちろん、それぞれの企業の経営者が努力されるでしょう。

地域の発展も、その地域の方が努力されるでしょう。

でも、その企業・地域など、内部の人間だけでは、発想が偏ったり、マンネリになったり、モチベーションがあがらないこともあるのではないかと思います。

そんなときお手伝いできるのが、我々なのかなと思っています。

今のところ何も具体化していませんし、思いつきのレベルですが、やってみたいと思っています。

何だかワクワクします。[E:happy01]

当事者にとっては大変なことなのに、「ワクワクします」なんて怒られるかもしれませんね。[E:coldsweats01]

でも、始まる前は、何だかワクワクするんです。最終的にうまくいった時の姿、ゴール地点のイメージが頭の中にあるものですから。

でも、実際に始まってしまえばいろいろと大変ですし、ワクワクどころじゃありません。私も頭を抱えて、悩みます。[E:wobbly]

失敗して落ち込むときもあります。[E:sad]

でも、そのプロジェクトなり、組織なり、メンバー全員があきらめずに、がんばってやっていこうと思っているうちは楽しいですね。連帯感があるからでしょうか。

ですから、うまくいかなくなって、メンバー間で問題が起こったり、脱落者が出たりすると落ち込みますけど。

ああ、何だか本当にワクワクしてきました。[E:happy02]

何も具体化していないのに…[E:coldsweats02]

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)