オフサイトミーティングで会社は変わるか?

以前、『なぜ、会社は変われないのか?』という本が、確かベストセラーになりました。私も、出版された当時に買って読みました。
そして、「オフサイトミーティングをすれば、会社は変わるんだ・・・」と、本の内容を、かなり簡略化して、勝手に解釈していました。


でも、自分では、ミーティングをセッティングすることもせず、何も行動を起こさずに、そのままにしていたことを記憶しています。
そんなある日、会社の組合の関係か何かで、その本に書いてあるオフサイトミーティングのようなものが開催されたのです。いわゆる「気楽にまじめな話をする」ミーティングです。
すると・・・
最初は、遠慮がちだった参加者も、次第に言いたいことを言い始め、「この人も、こんなことを考えていたんだ」と、ずいぶんと驚かされました。たぶん、他の人も同じようなことを思いながら、積極的に発言をするようになっていったのでしょう。
確かに、そのミーティングのあと、その参加者たちの雰囲気は良くなりました。親しみやすくなったと言うんでしょうか。それまでは、顔を知っているぐらいで、特に話をしたこともなかったのに、それをきっかけに、顔を合わせれば立ち話をするようになったりしました。
確かに、その会議は効果がありました。
じゃあ、めでたく、会社は変わったか?
残念ながら、変わりませんでした。
どうして変わらなかったのでしょうか?
会社を変革していくための、全体のプランが考えられていなかったことも原因の一つです。
まだ、他にもあります。
それは、メンバーのスキル不足です。
どんなスキルが不足していたのか?
そのことについて、次回、書いてみたいと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)