会社を変えるのは、自分のため

「会社を変えるために、がんばりましょう!」なんて言うと、そんな、「会社のためにがんばっても仕方がない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、私は思います。
「会社を変えるために努力することは、決して会社のためではない。自分のためだ」と。


会社を変えるということは、自分が楽しく働ける場所を作る、ということにもなると思います。実現すれば、当然、「会社を変えること=自分のため」になります。
ただ、それが実現出来なかったら、どうか・・・
会社のために努力して、無駄な努力に終わるのではないか・・・
そんな発想をお持ちになる方もいるでしょう。
でも、決して、無駄な努力になることはありません。
会社を変えるために、必ず、やらなければいけないことは、「人を動かすこと」です。どうやったら、人が動いてくれるのか・・・これは、どこに行ってもつきまとう問題です。そして、とても難しい問題でもあります。このことに一生懸命取り組んで、ある程度のヒントをつかむことが出来れば、それは、必ず、あとになって役に立つわけです。
たとえば、最終的に、「いろいろ努力したけど、この会社はダメだ。転職しよう」と思ったとしましょう。そのときにも、「自分から」会社を変えようと努力をしたことは、面接などでも評価されるはずです。その中で、少しでも実績が出せていれば、それも評価になるでしょう。なぜなら、多くの会社は、自分から考えて、自分で行動できる人を欲しがっているからです。
また、「やっぱり、俺は一国一城の主になりたい」と、独立することにしたとしましょう。一国一城の主は、人を動かさなくて良いかというと、そんなことはありません。
一国一城の主といえども、仕事で協力関係を築かなければならないことや、お客様になってもらうことなど、結局は、多くの人を動かさなければならないのです。
自分が社長であれば、社内の人間はある程度、権力で動かすことが出来ます。しかし、社外の人間には、「社長だから」ということは通用しません。権力などないところで、人をどう動かすか、ということが大切なのです。
要するに、
「どうすれば、人を動かせるのか?」
ということに取り組むと言うことは、将来、どのような道に進もうとも必要なことなのです。それに取り組むことが、「自分で会社を変えてみる」ということ。
道のりは険しく、ゴールは遠いのですが、がんばってみる価値は十分にあると思います。やってみればやってみるほど、自分を成長させてくれると思います。
がんばって、やってみませんか?

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)