人の気持ちを無視したつけ

今年のプロ野球界は、大激変の年になっています。
オリックスと近鉄の合併、楽天の新規参入。
以前からあったとはいうもののダイエーの売却説。
さらに、今度は西武の売却話。
「西武よ、おまえもか」


当事者の方は、冗談どころじゃないでしょうね。(すみません)
さて、今日書きたいと思っていたのは、今さらながら、
オリックスと近鉄の合併関連です。
オリックスと近鉄が合併しようとしたのは、
表向きには、赤字で経営が苦しいから。
また、2つのチームを合併すれば、強いチームが作れる、
という思惑もあったのでしょう。
その後、2球団の合併は認められたものの、
選手会のストライキがあり、新規参入がありと、
当初の思惑とは、少しずれてきているのではないでしょうか。
その一つが、強いチームを作ること。
主力級の選手を全員、というのは、虫が良すぎるかもしれませんが、
合併する以上は、それなりに良い選手を集めたかったはず。
それにもかかわらず、
選手会長の磯部選手は、「お金の問題じゃない」と1.5倍の年俸提示でも拒否、
4番の中村選手も「合併が一番の決め手」と、メジャーへの挑戦を表明、
エースの岩隈投手も、「まだ、オリックスでのプレーは考えられない」と乗り気ではない様子。
これを、単に選手のわがままと決めつけても良いものかどうか・・・
サラリーマンの世界なら、会社が合併するからといって、
新しい会社で働くことを拒否したりしない、という意見もあるでしょう。
しかし、プロ野球の選手は、特殊技能を持つスペシャリスト。
レギュラークラスになれば、ルールさえ許せば、
他の球団が放ってはおきません。
サラリーマンだって、そのような状況にあれば、
さっさと見切りをつけて、別の会社に移る人は多いはずです。
新しい球団には行かないという選手がわがままで、
新しい会社で我慢して働くサラリーマンがわがままではない、
とは言いきれないと思います。
それはさておき、なぜ、こうなってしまったのかといえば、
やはり、球団の不誠実な対応でしょう。
経営の問題だから、経営陣で結論を出すのは良いとしても、
なぜ、そのような結論を出さなければならなかったのか、
他の代替手段はなぜダメなのか・・・
結論を出すに至るまでの過程を、きちんと説明する必要があります。
最終的には、説明したのでしょうが、手順が悪すぎます。
選手が情報を最初に知るのが、メディアを通してでは、
選手たちは納得できません。
上記の正面切って、自己主張している選手以外にも、
心の底では、納得しきれない選手も多いことでしょう。
球団の合併に限らず、企業を変革する場合には、
必ず痛みを伴います。
全体から見れば、とてもスムーズに行っているように見えても、
どこかで必ず、痛みを伴っています。
結果がどんなに素晴らしくても、どこかに痛みがあります。
その痛みを、納得できるものとして受け止められるか。
それが、大きなカギになると思います。
残念ながら、今回の球団の合併騒動は、
納得できない人が多かったようです。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)