今日は敬老の日?

今日は、敬老の日。カレンダーを見れば、間違いありません。ただ、ハッピーマンデーになってからというもの、どうもしっくりきません。

何となく、本当の敬老の日は別の日にあるような気がするのです。長年の習慣で、敬老の日は9月15日というのが染みついているので、慣れないだけかもしれません。ただ、毎年日が変わるというのは、何だか軽んじられているような気がしてしまいます。

敬老の日以外にも、成人の日、海の日、体育の日は、月曜日に移動します。

その一方で、移動しないのは、元日、建国記念の日、春分の日、昭和の日(みどりの日)、憲法記念日、秋分の日、文化の日、天皇誕生日です。

さて、移動する祝日と、移動しない祝日があるのはどうしてでしょう?もっとも、祝日が全部月曜日になってしまうというのも困ります。特に、学校などは時間割の関係でとても困るでしょう。でも、だからといって、移動する祝日と移動しない祝日があるのは、どういうことなのでしょうか?

移動しない祝日を見ると、確かに移動させにくい祝日が多いことは事実です。もしも、元日がハッピーマンデーになってしまったら、大変なことです(そんなことあり得ないってば)。もし、今年ならば、ハッピーマンデーになると1月3日が元日ってこと?!(だから、そんなことあり得ないってば!)

さて、海の日は別として、その他の敬老の日、成人の日、体育の日には、その日である理由があったはずです。それにもかかわらず、月曜に移動させるということは、その理由を軽んじていることになります。それってどうなのでしょう?

その中でも、特に敬老の日は、もっと大切にしていくべきではないでしょうか。もちろん、敬老の日以外だって、敬老の精神を持つということが大切なのはいうまでもないでしょう。

ただ、シルバーシートに座ったら、より席を譲らなくてはという気持ちが出てくるのと同じで、このような日が1年に1度あると、その意識が強化されることはいうまでもありません。

とすれば、やはり、1年のうちの、決まった日が敬老の日となる方が、その気持ちが強くなる気がします。

いろいろな事情があるのでしょうが、祝日の本当の意味を考えることが大切な気がします。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)