なぜ、ウソをついてはいけないのか

「ウソをついてはいけませんよ」

小さい頃、そのように教えられた方も多いことでしょう。私も、教えられたような気がします。気がしますというのも変な話ですが、その場面をはっきりと覚えているわけではないからです。

それでも体に染みついているので、やはりどこかで教えられたということでしょう。

さて、この「ウソをついてはいけませんよ」の意味。

皆さんは、どのように解釈されるでしょうか。

私は、つい最近まで、「ウソをつくと相手に迷惑をかけるから、ウソをついてはいけませんよ」という意味だと思っていました。あるいは、「ウソはいけないことだから、悪いことだから、ウソをついてはいけない」、そう思っていました。

しかし、最近世間をにぎわせているニュースを見ていると、どうも違う意味があるような気がしてきたのです。

最近世間をにぎわせているニュースというのは、不二家の一件と、フジテレビ系列で放送された「あるある大事典」の一件です(ふじつながりでしたね)。

ウソといってしまうと、ちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、一方は「我が社の商品は安全です」といい、また一方は「納豆を食べればやせるということが科学的に証明されています」と、事実に反することを伝えていたわけです。

その結果どうなったか。

不二家の商品は店頭から撤去され、株価は暴落し、世間からの信用は失われました。

あるある大辞典では、スーパーの店頭から納豆が消え(こちらは売り切れですが)、メーカーは大忙し(ある意味いいことですが)、消費者は踊らされました。そして、ウソがばれてからは、納豆メーカー、小売店、消費者などからひんしゅくを買い、番組からはスポンサーがいなくなりました。番組は打ち切りではないかといわれています。

結局、どちらも、ウソをついた(真実を正しく伝えていなかった)自分が、痛い目にあっているのです。もちろん、それは自業自得ですから構いませんが。

思い返せば、ウソをついてよかったことはないような気がします。ウソをついている相手に引け目を感じたり、心のどこかが引っかかったり、とてもいい気分とはいえません。また、ウソをついた相手とはまったく関係ないけれども、何かで失敗して「やっぱり罰が当たったんだ」などと考えたりしたこともあります。

やはり、ウソをつくと、自分が痛い目にあうのです。

もちろん、ウソをつくのは悪いことですから、自分が痛い目に遭わなくてもウソはいけません。

そうです。

ウソをついてはいけませんよ!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)