昭和の日

ん?

「みどりの日」じゃなかったっけ?

そう思ったのは、私だけでしょうか?

よくよく考えてみれば、4/29が昭和の日になって、5/4がみどりの日になるとかいうニュースを、かつて見た覚えがあります。

不謹慎かもしれませんが、名前はどうであれ、休みは休みなので、あまり関係ないという人もいるでしょう。

でも、私としては、ようやく、4/29は「天皇誕生日」ではなく「みどりの日」として、定着し始めていたところなので、戸惑っているのは事実です。もっとも、5/4が「国民の休日」というのも、何だかなぁというネーミングなので、これで丸く収まったということになるのでしょうか。

さて、祝日に関連したところでいえば、ハッピーマンデーというのは、未だに慣れません。

えっと、今年の成人の日はいつだっけ?

分からなくても、大きな被害はありませんが、一瞬考えてしまいます。

もっとも、考えてしまうこと自体は、別にいいのです。カレンダーを見れば済むことですから。気になるのは、その休日の意味が、希薄になるのではないかということです。

かつての成人の日は、1月15日でした。

今年も、来年も、昨年も、一昨年も、成人の日は、1月15日であれば、1月15日が来ると、「あ~、成人の日だなぁ」という気分になります。でも、1月の第2月曜日という決め方では、何だかそのような気分になりにくいと思います。

ちょうど、誕生日が水曜日なのに、その前後の日曜日にお祝いしてもらうような、「本当は今日は誕生日じゃないんだけど、ちょっとずらしてお祝いするんだ」というような気分になってしまいます。

成人式がどれだけ意味のあるものかという疑問もありますが、きちんと日が定まっていないことによって、その価値が下がっているようにも思えます。

もっとも、それほどこだわりがあるわけではありませんが・・・

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)