KY

KY。

さて・・・

人の頭文字?

いえ、違います。

NYなら、ニューヨーク。でも、KY。

ん~、KYって何?

実は、このKY。「空気が、読めない」という意味だそうです。

空気=kuukiのKと、読めない=yomenaiのYをあわせたものなのだそうです。

いやはや・・・

今の若者たちは、こんな表現を使うらしいです。私自身は聞いたことはありませんが、某新聞に出ておりました。

日本人は、言葉を短くするのが好きだといわれたりしますが、こうなってくると、私にはとても理解できません。

そういえば、数年前(もっと前かも)には、「超MM」というのもありました。

ちなみに、MMとは、みなとみらい線のことではなく、マジ、むかつくの意味だったと思います。

仮に、この言葉が一般的に知られている言葉だったとしても、私には、やや抵抗があります。私は使わないでしょう。

でも、逆に、若者たちにとっては、「空気が読めない」とか、「むかつく」という表現を使うことに抵抗があるのでしょう。

ちょうど、イニシャル・トークのようなものなのでしょうか。

でも、若いときは、直接的な、本音をぶつけ合うことも勉強の一つではないかと思います。多少は、もめたり、けんかしたりというようなことがないと、突然切れるということにつながってしまうのではないでしょうか。

それにしても、思いも寄らない新語が造られるものですね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)