縦書きと横書き

数日前から読み始めた本。

なかなか進みません。読むのは、主に移動中の電車の中なのですが、なぜか集中できません。

理由の一つは、日本語の分かりにくさ。翻訳本にありがちな、分かりにくさがあります。意味を優先して文章をまとめてくれれば読みやすいのでしょうが、元の文章に忠実に訳してあると分かりにくいものです。

もう一つは、事例として取り上げる企業や商品がよく分からないこと。今読んでいるのは、マーケティングの本ですが、「○○のCMはこんなだった」とかいわれても、それは日本ではやってないってば・・・という感じなのです。

通常、事例を取り上げるのは、理論的な説明を分かりやすくするためです。その事例がまったく分からないので、話が見えてこないのです。はぁ・・・

そんなこんなで、今の本には四苦八苦しています。

でも、どうやら理由はもう一つありそうです。

それは、横書きだということ。

あまり自覚していなかったのですが、文章を読むのは縦書きがいいようです。書くときには、縦書きなど滅多にしませんが、読むのは未だに縦書きの方がいいようです。

どうも、縦書きの方が、自然に頭の中に入ってくるようで、読むスピードも速くなるようなのです。

自分が文章書くときは横書きだし、ワープロで打てば横書きなのに・・・

不思議です。

どうでもいい話で申し訳ありませんが、ちょっと引っかかったものですから・・・

Follow me!