プレゼント

今日は何の日かといえば、私の誕生日!

誕生日だからといって、うれしくも何ともなくなってから、一体何年ぐらいたつでしょう。それだけ年を取ったということです・・・

でも、それほど年を取ったような感覚もありません。まだまだ、若いというか、未熟者です。

子供のころは、大人になったら、本当に大人だと思っていました(変な文章ですが)。でも、大人になってみると、子供より体が大きくなっただけで、実際のところ、あまり大人にはなっていませんでした。

それでも、30歳代になれば、大人っぽくなるかなと思っていたら、実際なってみると、これがまた、思っていたよりは、子供っぽい・・・

確かに、20歳代のころよりは大人になったでしょうが、昔考えていたほどではありません。

で、思い出したのが、おじさんが、60歳で定年を迎えたときの言葉。

「60歳って、かなりの年だと思っていたけど、なってみるとそうでもないね」

人間というのは、いつまでたっても、自分の想定していたイメージより若いままなのかもしれません。だから、年配の方をお年寄り扱いすると怒られるのかも・・・

さて、そんなうれしくもない誕生日に、妹からプレゼントが。

一緒に家に住んでいるときには、プレゼントなど、やりとりもありませんでしたが、不思議なものです。

妹の2人の子供に、時々プレゼントを贈ったりするので、そのお返しということでしょうか。

それはそれとして、プレゼントというのは、ものそのものよりも、その気持ちがうれしいものですね。贈るときにはあまりそうは思いませんが、贈られてみるとそう思います。

この気持ちを忘れないように・・・

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)