思わぬ出会い

時々、本屋に行って、興味のある本を手に取ります。

一度、行ってしまうと、買わずに帰ることができません。どうしても買っておきたくなる衝動を抑えられなくなるからです。

心の中では、葛藤が起こります。

「まだ、読んでない本もあるし、読み終わってからにするか」
「いや、今買っておかないと、2度と手に入らなくなるかもしれないし、いつの間にか忘れてしまうかもしれない」
「そうはいっても、大切な本なら思い出すだろうし、まあ、今日はいいか」
「いや、これは情報収集のため。仕事に役立つもの。絶対に買うべき」

でも、結局は、多くの場合、買って帰る方が勝ちます。

買う本は、かつてはビジネス書がメインだったのですが、最近は、ちょっと傾向が変わって、心理学、哲学、歴史などにも手を出すようになりました。

あまり読んでいなかったジャンルなので新鮮なのです。

もっとも、新鮮だけではありません。

何だか、どこかで聴いたことがあるなぁ・・・

そんな内容も、結構出てくるのです。要するに、かつて読んだビジネス書の中に書かれていたことが、その他のジャンルの本にも出てきているということです。

世の中は狭いといいますが、本を読んでいてもそんなことを感じます。

思わぬところで、予期せぬものに出会う。

それがきっかけになって、新しいアイデアが浮かぶ。

そのアイデアがうまく生かされて、新商品やサービスになる。あるいは、問題解決の糸口が見つかる。

そんな、グッドサイクルの予感がします。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)