年賀状~手間をかける楽しさ

最近は、年賀状を出さずに、メールですませてしまったりすることも多いという。ハガキ代もかからないし、手間もかからないから、手軽といえば手軽だ。

でも、手間の点についていえば、宛名を印刷ですまし、文面も印刷しておけば、印刷してポストに投函するだけですむ。それでも手間だといえば手間かもしれないが、手書きすることを思えば何ということもない。やっぱり、ハガキ代がかかることが大きいのかな。

いずれにせよ、手書きで年賀状を出すとなると、出す枚数にもよるが、結構な手間だ。

当たり前のことだが、印刷ですませるよりも、手書きする方がずっと手間がかかるのだ。

ところが。。。

ふと思ったのは、ただ印刷するよりも、手書きでコメントを入れたりする方が、何だか楽しいということだ。実は、昨年は、まったく余裕がなく、ほとんどコメントも書かずに、両面とも印刷してすませた。でも、今年は、基本は印刷だが、そこに必ずコメントを書くようにした。場合によっては、宛名も手書きした。

そうすると当然、印刷するだけよりも手間が増えて、手も疲れる。ところが、疲れるにもかかわらず、何となく楽しかったのだ。

分析してみると(こんなこと分析する必要はないし、分析ってほどのものでもないが)、印刷して出すだけの場合は、完全に作業になっている。そこに心もこもっていないし、ただの流れ作業というか、右から左に流すだけというか、ただこなすだけのこと。これでは、面白いはずがない。

一方、手書きでコメントを書くということは、相手のことを思い浮かべて、

「今頃どうしているんだろう?」
「どんなことを書けば気持ちが通じるだろう?」
「どうしたら気の利いたコメントになるだろう?」

そんなことを思いめぐらすことになる。当然、同じ作業であっても心を込めたものになる。だから、作業をしているというような感じはない。時間もかかるし、ある意味では面倒くさいのだが、楽しいのである。

そういえば、今年は、コメントの書かれている年賀状が増えたような気がする。ひと言コメントがあるだけで、心のふれあいが合ったような感触がある。やはり、ひと言何か書き添えられている年賀状はうれしいものだ。

これからも、面倒くさがらずに、一手間かける楽しさを味わおうと思う。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)