朝青龍の優勝

テレビをつけたら、ちょうど、横綱同士の対戦だった。朝青龍が勝てばそれで優勝、白鵬が勝てば、横綱同士の優勝決定戦。最近は、あまり相撲にも興味はなかったのだが、思わず見てしまった。

場内もだんだん盛り上がって、いよいよ時間いっぱい。

さあ、立ちました!

っと、あっという間に朝青龍の負け。

ここまで勝ち続けては来たが、横綱相手では歯が立たないのだろうか。。。そんなことを思っていたら、どうやら立ち会いのタイミングが合わなかったらしい。

これで、優勝決定戦だ。横綱同士の優勝決定戦というのは久しぶりとのこと。そりゃそうだ。一人横綱時代が、長かったから。

で、こうなってしまうと、優勝決定戦を見逃すわけにはいかない。本当は、録画してあった番組を見ようと思っていたのだが、しばらくお預け。優勝決定戦が始まるのを待つ。

2人が入場し、にらみあって、塩をまいて、いよいよ時間いっぱい。

さあ、立ちました!はっけよい、のこった、のこった、、、

朝青龍いい形になりました。寄り切って朝青龍の勝ち!

おお、朝青龍が勝ったか。。。朝青龍は満面の笑顔。かわいい顔しているじゃないか。

まげが乱れて、必死に、がむしゃらにやって、何とか勝った感じ。横綱同士だから当然かも知れないが、スマートな勝ちとはいえない。でも、朝青龍が勝った。

画面を見れば、今度はガッツポーズ。

おいおい、土俵上でガッツポーズは、まずいんじゃないの?

また、横綱何とか委員に言われちゃうよ。。。

でも、私は、この満面の笑顔も、乱れたまげも、ガッツポーズも、何だか良いものだと思った。引退の危機といわれ、いろいろと非難され、恐らくやや力が衰えてきたところで、横綱(白鵬)の出現。

つらいことがあって、恐らく彼なりに苦労して、ようやく勝ち取った優勝。

そりゃうれしいでしょう。だから、笑顔にもなるし、ガッツポーズも出る。ちょっと、目も潤んでいるようだ。横綱としての品格に欠けるかも知れないが、私は、人間らしくて好感を持った。

優勝インタビューは見なかったが、その後のニュースを確認すると、かなり感極まった様子。

こういうのに弱いんだよな。。。

追いつめられても、途中であきらめず、やり続ける。

そうすれば、大抵のことは何とかなるものだ。もちろん、思うような結果が出ないこともある。でも、とにかく、中途半端にあきらめない姿勢が重要だ。

そうやってやりきったあとは、きっと気持ちいいと思う。

それは、スポーツもビジネスも同じ。

私も、やり抜きます!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)