美術館

昨日は、大宮までコンサートに出かけましたが、実は、その前に渋谷のBunkamuraに立ち寄りました。「ピカソとクレーの生きた時代」という展覧会が22日まで(つまり今日まで)だったので、終わる前に行っておこうと思ったのです。

昨年の夏あたりから、突然、美術館巡りが趣味になった私ですが、ようやく、美術館の雰囲気にもなじみ始めました。最初のうちは、どうも何というか、美術館特有の雰囲気になじめず、何となく違和感があり、どこか心地悪さを感じていました。

でも、どうでしょう!

もう、今では、すっかりとけ込んでいます!(と思っているのは、本人だけかも)

ただ、いつも思うのは、圧倒的に女性が多いということ。

男性は、学生のような若者か、私よりも年上の世代が多く、30~40歳代くらいの年代は、あまり見かけないように思います。女性は、どの年代もまんべんなくいるように思うのですが。

仕事が忙しいからでしょうか?

それとも興味がないのでしょうか?

興味がないのかもしれませんね。私もそうでしたから。

でも、見始めると、これがいいんですよ!

何かのエネルギーがもらえるんです。

写真もいいですが、絵の方が、何かを感じます。たとえば、写真のように細かく書き込んだ風景画。素人の私は、単純に「すごい!写真みたい!」とか思ったりするわけです。でも、それと同時に、写真からは感じられない何かを感じるのです。

それが何かは、自分でも分かりません。

ただ、最近思うのは、やはり画家の魂というか、思いというか、その作品に込められた何かが伝わってくるのかなと思います。写真は、どちらかというと、客観的な事実を切り取ってくるものであり、絵画は画家の主観が入ったものなので、絵画にはパワーがあるのかなと思っているのです。

確かに、ピカソもそうなんです。

私には、芸術性がどうのこうのというのは分かりませんが、見ていると、何かを感じるんですよね。迫力というか、何かの力です。

もっとも、昔は、ただの変な絵としか見えませんでしたが。。。(苦笑)

今も、ちょっと分かったような気になっているだけですが。。。(反省)

でも、とにかく、パワーをもらいました!

次は、ルーヴル美術館です。

あ、「ルーヴル美術館“展”」(国立西洋美術館)です。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)