先輩達

自分もだんだんと年をとっては来ましたが、それでも、周りを見回せば、私よりも年上の方がたくさんいます。ひょっとすると、親しくおつきあいをさせていただいている方は、ほとんど年上かもしれません。

当たり前のことですが、年長者は敬います。自分よりも先に、壁にぶつかって、それを克服していたりします。自分が悩んでいることについては、すでに経験済みで、相談すれば良いアドバイスがもらえるかもしれません。

後輩の勝手な言い分としては、先輩には、是非、見習いたい先輩になって欲しいのです。でも、そうじゃない先輩も結構います。時には、困っちゃうような先輩もいます。いい加減にして欲しい先輩もいます。

もちろん、私は、先輩のいいところだけを見習い、悪いところは反面教師として受け止めればいいのです。それは分かっているのですが、見習えないような先輩を見ていると、少し悲しく、寂しくなってきます。

ひょっとすると、自分の見方が悪いのかもしれません。

自分に分からないことは、たくさんありますからね。

でも、どうしても、少しばかり切ない感じになってしまいます。

もっと、尊敬できる先輩でいて欲しい。。。

そうはいっても、先輩も人間。英雄のような、完璧な人物になることを期待してはいけないのかもしれません。

それに、見習うべき先輩もたくさんいます。実際、本当に親しくしているのは、そういう見習うべき先輩達です。

私は、できるだけ多くの、見習うべき先輩達と出会い、親交を深めていきたいと思います。

また、後輩からこんなことを言われないように、自分を戒めていきたいと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)