芸は身を助ける?

私も、時々、カラオケで歌うことがあります。

カラオケをきっかけにして、相手の心をつかむというか、インパクトを与えるというか、仕事でも時々活用しています。カラオケを歌うことで、相手との距離が近くなり、仕事がしやすくなることがあるからです。

でも、もともと、私はカラオケは嫌いで、声をかけられても、かたくなに拒んでいました。恐らく、就職するまでは、1回か2回しか歌ったことはありません。もっぱら聞き役でした。

なぜ歌わなかったのかといえば、歌う曲がなかったからです。

当時は、洋楽ばかり聞いていましたし、カラオケで用意されている曲も、今のように多くはありませんでした。ですから、歌える曲がなかったのです。でも、みんなが歌っている曲を聴いているうちに、少しずつ、覚えていきました。

今、よく歌っている、「お○○○バ」も、その1曲です。この曲は、もとはといえば、大学時代の後輩の十八番でした。後輩がよく歌うので、それを聴いて覚えてしまったのです。

チェッカーズや米米クラブなども、同僚が歌っているのを聞いて覚えました。

恐らく、山下達郎と大滝詠一の曲以外は、人が歌っているのを聞いて覚えたものだと思います。

ですから、私の歌えるレパートリーは、とても少ないのです。

自分でいうのも何ですが、1曲のインパクトは、かなりあると思います。でも、残念ながら、そんなにたくさん歌えるわけではありません。でも、この1曲のおかげで、カラオケ好きと思われているかも知れません。。。

違うんですけど。。。

でも、カラオケから、関係が深まったということはよくあります。

あと、酒を飲んで親しくなるということもありますね。

芸は身を助け、酒も身を助ける。

もちろん、ほどほどならですが。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)