我が輩の辞書に○○の文字はない

タイトルと関係ないように思われるかも知れませんが、『ガリバー旅行記』という誰でも知っている話があります。

誰でも知っているのは、ガリバーが小人たちの国にたどり着くという、冒険小説的おとぎ話です。しかしながら、実は、『ガリバー旅行記』は、子供向けではなく大人向けの風刺小説で、その他にもいくつかの話があります。

そのうちの一つが、ガリバーが馬の世界に行ってしまう話です。その国では、フウイヌム(馬のこと)が人間のような位置にいて、人間と同じような容姿をしたヤフーは下品で野蛮な動物と思われています。そんな国に、ガリバーが漂着してしまうのです。

しばらくすると、ガリバーとフウイヌムは話ができるようになります。フウイヌムは、ガリバーを見て、下品で野蛮なヤフーと似たような姿ではあるものの、どうも少し違うことに気づきます。そして、いろいろと情報交換をするのです。

そのとき、ガリバーが「嘘」「虚偽」などの説明をしようとすると、フウイヌムは理解できません。フウイヌムは聡明で教養があり、理解力も高いのに、そのことについては理解できないのです。

なぜか。

それは、フウイヌムの世界には、「嘘」や「虚偽」という概念が全くないからです。概念が全くないと同時に、そのような行為もないということです。ですから、ガリバーが自国のイギリスではこんなことがあると説明しても、なかなか理解できないのです。

現実の、人間の世界でも同じことが起こります。

自分の持っていない感性、価値観、感情、感覚などは、いくら説明されても理解できません。このことは、各人が様々な世界で育ってくるので、どうしようもありません。ただ、こういうことが起こっているということは、常に、頭の片隅においておかなければならないと思います。

結局、人は自分の物差しで世界を測っています。

この世の中には、フウイヌムのように、「嘘」「虚偽」が分からないという人はいないでしょう。

たぶん、誰でも1度や2度、いやもっともっと嘘をついたことがあると思います。

ビジネスでも、嘘とまでいかなくても、誇大広告や調子のいいことを並べ立てることはよくあることです。力のある人物にすり寄るために、心にもない美辞麗句を並べることもあるでしょう。

この世の中では、そういうことが得意な人が、人から認められる位置にいることもしばしばあります。

でも、そんな人ばかりではありません。

きっと、フウイヌムのような心を持った人、少なくとも持とうとしている人はたくさんいるでしょう。

でも、ヤフーには、それが見えない。。。

見えないどころか、見えていないことに気づかない。。。

自分はヤフーではなく、フウイヌムだと思っている。。。

ちなみに、小説の中のガリバーは、人間の世界に帰ってきた後、人間と過ごすよりも、馬と過ごす方が心地よくなってしまったそうです。人間が、とても卑しい存在に思えたようです。

自分はヤフーの仲間だけど、フウイヌムになりたいということでしょうか。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)